Englishcentral、オンライン英会話のラングリッチと事業統合

英語学習サイト『EnglishCentral』を提供するイングリッシュセントラル(本社: 米国マサチューセッツ州、日本法人:東京都台東区、日本法人代表取締役: 松村 弘典)は、オンライン英会話サービスを提供するラングリッチ(本社:シンガポール、日本法人代表取締役:安藤航)と事業統合しました。

これによりラングリッチは200万人の学習者にオンラインレッスンを提供するサービスとなりました。Google Venturesを始めとした著名ベンチャーキャピタルから投資を受けた米国発ベンチャーが日本発の大手ベンチャーを吸収合併するという、国内でも珍しいケースです。

Englishcentral-ラングリッチ

事業統合の目的及び今後の展望

今後の展望として、以下のような資産を活用し、事前学習から実際の会話まで、英語学習に必要な要素を全て詰め込んだ総合オンライン英語学習サービスを提供し、世界一のオンライン英語学習企業を目指すと発表しています。

  • 最先端の技術と世界標準の語学教授法を取り込んだ自習学習プラットフォーム
  • 高品質の講師陣を支える現地オペレーションの仕組みと安定したオンライン英会話インフラ
  • 10万人の月間アクティブ課金ユーザーを含む200万人のユーザー
  • ケンブリッジ大学出版局、成美堂ほか著名出版社からのスタンダード学習教材
  • 1万本を超える実践的な動画学習教材
  • 2億回以上使われてきた音声認識を含む、英語学習者の英語学習ビッグデータ

イングリッシュセントラルとラングリッチについて

イングリッシュセントラルは、最先端の技術とグローバルな動画を使ってゲーム感覚で手軽に楽しみながら自己学習を行うオンライン学習サービス。2010年にGoogle Ventures, NTTグループほか国内外著名ベンチャー投資家から資金調達を行った後にAndroid OSの創始者を経営陣に迎え、国内200大学、200万人の学習者にサービスを提供しています。
ラングリッチは業界の黎明期から市場を牽引してきたスカイプ英会話大手です。フィリピンのセブ島に強固な通信環境のオフィスを構え、厳しい面接と研修をパスした直接雇用の講師陣には定評があり、リクルート「英会話サプリ」にも採用されています。

 

事業統合 第一弾アップデート

ラングリッチのオンライン英会話でイングリッシュセントラルの動画教材が利用できるようになりました。豊富な動画教材による事前学習と、オンラインレッスンを用いた実践的な学習により、一貫性のある英語学習プログラムが提供可能になっています。

 

プレスリリースはこちら

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000012416.html

Englishcentral-ラングリッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。