小学館の英語教室「イーコラボ」、アニメと子どもたちや教室が融合した新テレビコマーシャルを公開開始

全国展開で1歳児からの幼児教室「ドラキッズ」、総合学習教室「小学館アカデミー」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクションは、新たに、2015年9月1日に小学館の子ども向け英語教室「イーコラボ」の新コマーシャルを公開しました。

「The Gingerbread Man」のアニメーションと実際の子どもたちや教室が融合したコマーシャルとなっています。

■小学館の英語教室「イーコラボ」公式webサイト
http://www.shopro.co.jp/E-co-labs/

■小学館の英語教室「イーコラボ」新コマーシャル
・秋の大感謝祭バージョン


・ジンジャーブレッドマンシールプレゼントバージョン

prl1509021140034-n1prl1509021140034-s2prl1509021140034-s3

 

小学館の英語教室「イーコラボ」とは

先生がよい英語教室2年連続第1位(※「イード・アワード2013・2014子ども英語教室」において)に選ばれた「小学館アカデミー」で展開する子ども向け英語教室です。45年以上に渡って早期英語教育を推進してきたノウハウに加え、青山学院大学文学部・アレン玉井光江教授が開発した、物語や童話を題材にして実際に使える英語を身につけることができる『ストーリーベースカリキュラム』を導入した日本初の英語教室です。

アニメと実写を組み合わせた「イーコラボ」新テレビコマーシャルを公開

2015年9月より、アニメと実写を組み合わせた新テレビコマーシャルを公開しています。実際の授業や教材で活用している「ジンジャーブレッドマン(The Gingerbread Man)」が登場し、実際の教室の生徒とともに授業を受けるシーンも盛り込まれています。

『ストーリーベースカリキュラム』とは

4つの要素から成り立つ、日本の子どものための英語教育カリキュラムです。

・Storytelling(ストーリーテリング)
豊かな英語に接し、大量の英語を聞くことに慣れます。
・Joint Storytelling(ジョイントストーリーテリング)
全身を活用して、英語を何度も重ねて使うことで、「自分の言葉」として身につけます。
・Activity(アクティビティ)
ストーリーに関連した理科や社会などの教科につながる内容を英語で学びます。
・Literacy(リテラシー)
「聞く、話す」力から「読む、書く」力へ導き、自己表現の幅を広げます。

プレスリリースはこちら

http://www.zakzak.co.jp/economy/pressrelease/news/20150902/prl1509021140034-n1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。