スマホアプリ『センター赤本 – 英語リスニング過去問』で「夏の受験生応援セール」を開始

「大学入試シリーズ」(通称“赤本”)でおなじみの図書出版・教学社は、スマートフォンアプリ『センター赤本 – 英語リスニング過去問』で「夏の受験生応援セール」を開始しました。
セール中は、試験20回分をまとめて購入する“まとめて購入”が通常2,000円のところ、1,200円で購入できます。使用期限はなく、一度購入した試験は、セールがおわっても何度でも解くことができます。この機会にセンターリスニングの過去問を購入してみてはいかがでしょうか!?。

 

 最新の2015年度試験を追加

「夏の受験生応援セール」にあわせ、購入できる試験に2015年度本試験・追試験を加えました。
赤本

セール内容

2015年度の本試験・追試験から2006年度の本試験・追試験など計4800円分が1,200円で購入できます。

実施期間:2015年8月21日~9月13日
対象アプリ:「センター赤本 – 英語リスニング過去問」
App Store :https://itunes.apple.com/jp/app/senta-chi-ben-ying-yurisuningu/id734275300?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.net.akahon&hl=ja

 

アプリの特徴

w
センター試験“リスニング”の赤本がアプリになりました。リスニングの学習でいちばん大切なのは、とにかくたくさん聞いて、英語に耳を慣らすこと。赤本アプリは臨場感たっぷりの過去問演習が行えるだけでなく、再生スピード調整機能や放送内容を目で追える機能など、アプリだからできた充実の機能でリスニング力を徹底的に鍛えます。

 

全21回(525問) 実施されたすべての問題が解ける!

これまで「リスニングの過去問をもっとたくさん解きたいのに手に入らない!」という要望に応え、リスニングテストが導入された 2006年度から最新の2015年度まで、すべての問題(本試験・追試験+試行テスト)をアドオンで購入することができます。(2013年度の本試験はまるごと無料)

 

4段階の再生スピードで耳を鍛える! ― 1.5倍速に慣れたら本番は簡単!?

0.8倍速から1.5倍速まで、4段階のスピード調整が可能です。耳が慣れないうちは、「×0.8」のスピードで確実に聞き取る練習をしましょう。「×1.0」「×1.2」と徐々にスピードに慣らしていき、「×1.5」が聞き取れるようになったら、実際の試験のスピードがとてもゆっくりに聞こえるはずです。

 

ひたすら聞き続けることで英語耳になる! 耳トレモード

耳トレは、問題を解かずに音声を聞き続けるモードです。ポーズやリピートをカットしているので、ひたすら英語を聞いて耳を慣らすのに最適。一度開始した後は音声がおわるまで操作不要なので、電車での通学時間なども有効活用できます。

 

成績管理もばっちり

毎日の勉強時間や本番モードの成績が記録されます。また、大問ごとに正答率が出るので、苦手な出題形式が把握できます。

 

う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。