総務省、先導的教育システム実証事業評価委員会の開催案内を公表

総務省は平成27年9月7日(月)16:00~18:00に開催される、先導的教育システム実証事業評価委員会の案内を公表しました。平成27年9月3日(木)17時までに申し込むことで、傍聴が可能です。

 

先導的教育システム実証事業とは?

教育分野においてICTを利活用するにあたり、文部科学省と同一の実証地域において、高コスト(端末等の設置・管理)のシステム、教材・学習履歴の分散保存、シームレスな学習・教育環境が未構築等の課題を解決するため、クラウドやHTML等の最先端の情報通信技術を柔軟に取り入れ、多種多様な端末に対応した低コストの教育ICTシステムの実証研究を実施します。

実証研究の成果は、教育・学習クラウドプラットフォームの技術仕様として策定し、広く公開されます。

000296371

先導的教育システム実証事業評価委員会の開催場所

AP浜松町 Aルーム(東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館地下1階)

議題(予定)

  1. 今年度の取組み内容のご報告
  2. コンテンツ及び学習・教育クラウドプラットフォーム機能の追加について
  3. ドリームスクール実証校の実施計画について
  4. ビジネスモデル(普及モデル)について
  5. 意見交換 等

詳細・傍聴の申し込みはこちらから

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/05kaisai97697.html

000000014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。