京都電子計算、インターネット出願システム 「Post@net(ポスタネット)」の導入事例を発表

京都電子計算株式会社(以下 KIP)は、インターネット出願システム『Post@net(ポスタネット)』が、関西医科大学の2015年度入試に採用され、受験生へのサービス向上、入試事務の効率化に活用されている事を発表しました。

『Post@net(ポスタネット)』について: http://ift.tt/1OgysSF

私立の単科医科大学で初の導入、「便利でした」喜びの声も

関西医科大学では2012年から入試制度改革を実施されており、3年目となる2014年にインターネット出願を導入しました。私立の単科医科大学では初となる取り組みで、先行事例がなく、様々な課題や困難がありましたが、受験生にとって最良の方法であるという判断は揺るがず、採用が決まりました。

KIPも「受験生に1分でも長く学習時間を提供したい」という要望に応えるべく、 KIP入試ソリューションを提案しました。 Post@netはシンプルで分かり易く、受験生の負荷軽減を実現でき、受験生からも「ネット出願しました。便利でした。」と反響がありました。

「関西医科大学」の導入事例はこちら: http://ift.tt/1E2xK6Z

■関西医科大学について

1928年(昭和3年)に設立、2015年に創立87周年を迎えた私立の医科大学。2013 年4月に新設された枚方学舎は附属病院と同一場所にあり、最新の学習環境と全国屈指の施設を備えています。 長い歴史と伝統を持ちながらも変化を恐れず、時代に応じた改革に挑戦し、躍進を続けています。

■『Post@net』について

京都電子計算が提供する、マルチテナント型のインターネット出願システム。 2015年度からは、関西医科大学様にもご要望いただいたスマートフォン画面にも対応し、進化を続けています。

posta_logo2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。