NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェアを子会社化、「株式会社ドコモgacco」を設立

株式会社NTTドコモは、日本電信電話株式会社の子会社であるNTTナレッジ・スクウェア株式会社を、同社からの第三者割当増資引受、および、NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合からの株式譲受により、2015年8月17日をもって、子会社化しました。

ナレッジ・スクウェアは現在、日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC )サービス「gacco®(ガッコ)」をドコモと共同で提供していますが、今回の子会社化により、事業基盤の強化と、さらなる学習サービス事業の推進を目指しています。
またドコモは、2015年8月25日にナレッジ・スクウェアの会社名を、「株式会社ドコモgacco(以下、ドコモgacco)」に変更します。

Gaccoの登録者は約14万人、受講登録者数延べ約39万人

course_card46 course_card42 course_card01

「gacco」は、大学教授陣等による本格的な講義を、学生に限らず誰でもでもパソコンやスマートフォン、タブレットによりオンラインで無料受講できるサービスです。場所や時間にとらわれず受講することが可能で、他の受講生と掲示板を通じたディスカッションなども行うことができます。これまでに著名な教授・講師による44講座を開講しており、登録会員数は約14万人、一人あたりの平均受講数は約2.8講座、受講登録者数は延べ約39万人です。

ドコモgaccoでは、ドコモと連携し、「gacco」の提供を通じて培ってきた新しい学びの形態を、官公庁・地方自治体や企業をはじめとする、法人の課題解決の手段として提案していくなど、ドコモグループの一員としてさまざまな新しいビジネスを推進していく予定です。
さらに今後、インターネットを介してリアルタイムに遠隔地を繋ぎ、講座に関連したワークショップを展開するなど、より先進的な学習スタイルを提案することで、教育の地域格差の解消や地方創生への貢献も目指していく。ドコモは今後も「ドコモgacco」と共に、場所や時間の制約から解放された新しい学び文化の創造を目指します。

※ MOOC : Massive Open Online Coursesの略。Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス。2012年より米国を中心として、著名な大学や教授陣によるオープンオンライン講座として公開され、世界中から2000万人以上が受講しています。

 

「gacco」の特長

  • 大学教授陣等による本格的な講義を、年代や学生・社会人などの区別なく、誰でも無料 でオンライン受講可能。
  • パソコン、スマートフォン、タブレットに対応。それぞれのデバイスに合わせた見やすい画面を用意。
  • 講義動画は1本10分程度とコンパクトにまとめ、他の受講生と掲示板を通じたディスカッションなどを行いながら、継続的に取り組めるカリキュラム。
  • 一般的な大学の講義と同様に受講期間を設け、一定の修了条件を満たすと修了証を発行。
  • 一部の講座では、オンラインで学習した内容をもとに対面で発展的な講義を行う「対面学習コース」を有料で提供。
  • 経営、マーケティングなど社会人のキャリアアップにつながる講座や、海外の受講生も視野に入れた日本文化に関する講座など、多彩なラインアップ。

サイトURLはこちら

http://gacco.org/

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。