西条市、市内小•中学校にデジタル教材活用へ 「小中学校ICT教育推進事業」

愛媛県西条市は市内の全ての小・中学校の普通教室等に電子黒板などを設置する事業「小中学校ICT教育推進事業」を平成27年度から実施することを決定しました。未来を担う子どもたちへの学校現場におけるICTの利活用によって、教育の質を高め、子どもたちの学力を向上させるのが狙いです。

デジタルとアナログ、それぞれの良さをしっかりと使い分けながら、西条市の将来を担う子どもたちの「学力の向上」ひいては「子どもたちの生きる力」を育んでいくとしています。

 

整備の概要

  • 全ての普通教室等に電子黒板等などのデジタル教材を設置し、より分かりやすく質の高い授業の実施。
  • 校務支援システムを導入し、校務の効率化を図ることで、子どもたちと向き合う時間の確保。
  • ICT支援員を学校に巡回配置し、先生や子どもたちのICTの利活用を総合的にサポート。

詳細は西条市HPから

http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/gakkokyoiku/gk0056.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。