ドリコム、第1四半期決算発表。ソーシャルラーニング事業の売上は第1四半期で約2,800万円

株式会社ドリコムは、2016年3月期の第1四半期(4~6月)連結業績を発表しました。

売上高16億3400万円、営業損益2億500万円の赤字、経常損益2億1000万円の赤字、四半期純損益1億5300万円の赤字となっています。

楽天との合弁会社Reducateで運営されるソーシャルラーニング事業の内容も発表されています。

ドリコム2016年3月期第1四半期決算説明会

www_drecom_co_jp_ir_news_pdf_20150730_2_pdf 2

次の四半期はコスト先行で投資フェーズ、新規で英語学習アプリを開発中

www_drecom_co_jp_ir_news_pdf_20150730_2_pdf 3

既存サービスを活用した新規英語学習アプリを開発中とあります。えいぽんたん以外の英語学習アプリが近日リリースされるかもしれません。

 

ソーシャルラーニング事業の四半期売上は約2,800万円、昨年同時期比較では大幅に増加

www_drecom_co_jp_ir_news_pdf_20150730_2_pdf

ソーシャルラーニング事業(主にえいぽんたん)での売上は1Qでは約2,800万円(一月あたり約930万円程度)。四半期では過去最高の売上高でした。継続的に拡大はしているものの、ソーシャルゲームと比較するとまだまだ事業開発フェーズといえそうです。見通しにもあったように、新規アプリの開発等で今後どこまで成長していくのか注目です。

www_drecom_co_jp_ir_news_pdf_20150730_2_pdf 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。