総務省、ICTドリームスクール実践モデルの提案公募の結果を公表

総務省は本日、5月29日(金)から6月29日(月)まで提案公募を行ったICTドリームスクール実践モデルについて、11件が選出された結果を公表しました。

総務省は、平成26年度から「先導的教育システム実証事業」を実施し、学習・教育クラウド・プラットフォームを構築し、誰でも・いつでも・どこでも・安全安心に学習できるICT環境の実現を目指しています。

また、平成26年6月に「ICTドリームスクール懇談会」を設置し、未来の学習・教育環境のあり方とその実現方策について議論を重ねてきたところ、今後実現すべき学習・教育環境の姿を「ICTドリームスクール」として整理し、その実現に向けた取組等を「中間とりまとめ」とし、「学校・家庭・地域の連携型」「地域活性化・まちおこし型」「最先端学習スタイル型」の3つの実践モデルに分類しています。
これらを踏まえ5月29日(金)から6月29日(月)まで、ICTドリームスクール実践モデルの提案公募が行われ、その結果について公表しました。
5月29日(金)から6月29日(月)までに行われた公募に対し33件の応募があり、業務実施機関で公募事務局を設置し、評価・審査の結果、以下11件の提案が選出されました
www_soumu_go_jp_main_content_000370722_pdf
http://www.soumu.go.jp/main_content/000370722.pdf
<関連資料>
〇「ICTドリームスクール懇談会 中間とりまとめ」の公表(平成27年4月6日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000064.html〇ICTドリームスクール実践モデルに係る定案公募の開始(平成27年5月29日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000067.html
www_soumu_go_jp_main_content_000370722_pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。