日経、フィナンシャルタイムズをピアソンから約1600億円で買収

日本経済新聞社は23日、英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズを発行するフィナンシャル・タイムズ・グループを100%買収することで同社の親会社である、英ピアソンと合意しました。

買収価格は8億4400万ポンド(約1600億円)。メディアブランドとして世界屈指の価値を持つフィナンシャルタイムズグループを日経グループに組み入れ、グローバル報道の充実とデジタル事業など成長戦略の推進につなげます。

英ピアソンは、今後教育事業に注力すると発表しており、今回の売却で得た資金をどのように投資していくのかが注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。