三井物産、オンライン英会話のレアジョブと提携

三井物産株式会社は、オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブと、資本・業務提携契約を結んだことを発表しました。三井物産はレアジョブの既存株主から株式を一部取得するとともに、レアジョブが行う第三者割当増資を引き受ける予定です。

日本企業の海外展開が急激に加速し、これまで以上に多くの日本人がグローバルに活躍することが期待されています。また、大学入学試験で検討されている「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」導入や、高校・中学校・小学校におけるカリキュラム変更など、教育政策も英語力向上、とりわけ英語による発信力の強化に向けて大きく変化しています。

 

こうした時代のニーズに応じ、国内外に幅広いネットワークを構築しグローバル人材育成を世界各国で推進する三井物産と、良質なオンライン英会話サービス事業を通じて英語教育を推進してきたレアジョブが連携することとなりました。具体的には、従来のB2Cを主体としたビジネスモデルに加え、三井物産は幅広い顧客アセットを最大限活用して事業法人・学校法人とのアライアンスや海外展開の推進などを支援する人材をレアジョブに派遣し、国内外問わず世界中で活躍できるグローバル人材を育成することを目指します。

レアジョブは、グループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」、また日本国内におけるサービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」の実現を目指し、無料のインターネット通話ソフト=スカイプを使用して、フィリピン人講師によるマンツーマンの英会話レッスンを提供しています。フィリピン大学出身者を中心とした良質な講師陣と安価できめ細やかなサービスは、国内におけるオンライン英会話事業者の中で高い評価を得ています。

三井物産は近年、ヒューマンキャピタル(人財)を重視する事業推進に力を入れており、既に米国・ブラジルでオンライン教育事業を手掛けている他、米国で高度専門人材の派遣・紹介事業、英国でも教育関連事業に参画しています。今後も世界中の人々にとって優れた学習機会となる教育事業や、高度専門人材に対する需給のミスマッチを解消する人材事業等を通じて、世界各国の生産性向上と持続的な経済発展に貢献することを目指します。

資本業務提携の主要内容
1)英語教育に関する情報交換
2)オンライン英会話サービス開発の相互協力
3)学校・法人領域営業拡大の連携
4)海外事業展開の推進協力

三井物産_レアジョブ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。