次世代 eラーニングシステム!「ALC NetAcademy Next」2016年2月、4コース同時リリース

株式会社アルク教育社は、新たなeラーニングシステム「ALC NetAcademy Next」を2016年2月にリリースすることを発表しました。なお、「ALC NetAcademy Next」は、株式会社日立製作所と共同開発したシステムです。

「ALC NetAcademy Next」について

d888-711-889131-0

「ALC NetAcademy Next」は、“語学学習とITの融合”に長年の実績を持つアルクグループと、“高い技術力と品質”において豊富な実績を持つ日立製作所が共同開発する次世代のeラーニングシステムです。1998年の「ALC NetAcademy」のリリースからこれまで約18年にわたり、語学を中心としたeラーニングの開発、普及に携わってきた両社が、約445教育機関の利用されてきた「ALC NetAcademy」を、“Next”で大幅にリニューアルします。

ALC NetAcademy Nextの特 徴

1.分かりやすいレベル設定

CEFR-J、TOEICテスト、TOEFLテスト、アルクのSVL12000、TSSTとのレベル相関があり、「ALC NetAcademy Next」独自のCan-Doリストを用意。学習開始レベル、目標レベルの設定がしやすい教材です。

2.モバイル対応でどこでも学習

パソコンの他、スマートフォンやタブレットにも利用可能。iOSだけでなくAndroidにも対応しているので、学習者の所有する端末でいつでもどこでも学習できます。

3.6技能を習得、テストで定着度を確認

いわゆる「4技能(聞く、話す、読む、書く)」に語彙と文法を加えた「6技能」の習得を目指します。また、数ユニットごとに確認テストや復習ユニットを設け、学習内容の定着度を確認しながら学習を進められます。オリジナルの小テストも作成できます。

4.学習の進捗が一目瞭然

ログインして最初に表示される「ホーム」に、学習の進み具合がひと目で分かるグラフを表示。常に自分の学習の進捗を把握しながら、バランスよく学習ができます。

5.アルクのコンテンツが学習素材

アルクの質が高く豊富なコンテンツを学習素材として利用しています。レベルに配慮しながらも実践的な英語に数多く触れることで、「使える英語」を身に付けられます。

初回コースラインナップ【4コース】

※開発中の製品のため、詳細は変更となる可能性があります。

2016年2月に「総合英語トレーニングコース(初級・中級・上級)」と「PowerWords Hybrid コース」の4コースをリリースします。総合英語トレーニングの各コースは6技能を伸ばすことを目的とし、「PowerWords Hybridコース」はアルクが開発した語彙リストに準拠した形でレベルアップできるコースになっています。

  • 総合英語トレーニング 初級コース
  • 総合英語トレーニング 中級コース
  • 総合英語トレーニング 上級コース

「4技能」に語彙と文法を加えた「6技能」の力を総合的に底上げするためのコースです。インプットからアウトプットへ無理なく移行できるステップ学習と、充実したトレーニング機能が用意されています。

  • PowerWords Hybridコース

アルクが独自開発したレベル別語彙リスト「SVL12000」(全12レベル)のうち、レベル1~6の6000語を学習できます。「単語ごとに意味を覚える」「文の中で単語の意味を理解する」の両方向のアプローチで、確実に語彙力アップが図れます。

d888-711-287587-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。