NPO法人Asuka Academy、「学習ビッグデータ分析最前線」を開催

NPO 法人 Asuka Academyは、教育現場、企業等の教育に携わる方々を対象としたセミナー「学習ビッグデータ分析(LA:Learning Analytics)最前線」- グローバルな最新情報と 学習理論からの考察 -」を 2015年7月29日(水)に開催します。参加は無料。事前申込制で、Asuka Academy のサイトで申込を受付けています。

事前お申込; http://www.asuka-academy.com/seminar/20150729.html

ICT を活⽤してビッグデータとしての学習履歴を分析・解析・活⽤していくための「学習ビッグデータ分析(LA: Learning Analytics)」が大きな話題となっています。取得データの国際標準化は急ピッチで進んでおり、標準化団体でのワーキング・グループや研究学会の新規設⽴なども実施され、電⼦教科書や LMS との連動も論議され、 非常に速いスピードで状況が変化しています。

Asuka Academy では学習ビッグデータ分析について日本を代表する活動をなされている放送大学教授山田恒夫先生、上智大学教授田村恭久先生の二人が講師を行い、学習データの国際標準化、ビッグデータによる学 習解析、研究学会の状況、学習理論からみた活⽤の意義など、最新の情報や利活⽤についての報告と考察を⾏います。 どなたでも無料で参加できるセミナーです。

◆日時 2015 年 7 月 29 日(水)15:00〜17:00

◆会場 千代田区神田小川町 3-26-2 常和神田小川町ビル 2F 明治大学内

  • 学習ビッグデータ分析(LA)に興味があり、最新情報を知りたい 
  • 標準化の動向、電子教科書、EDUPUB、Caliper などに興味がある 
  • 教育現場や企業などで教育に携わっている。とくに ICT 教育ご担当の方
  • 学習分析をどう活用していくかに興味がある

◆詳細

第1部「Learning Analytics(LA)の概況と最新動向の紹介」 (講師:上智大学教授、Asuka Academy 理事 田村恭久先生)

LA とはなにか。なぜ今 LA なのか。LA の概況と最新の動向を、標準化団体や学会の動きも含めて総合的に紹介する。

  •  LA とはなにか
  •  ISO/IEC JTC1/SC36 で発足した LA ワーキング・グループの活動紹介
  • 「学習分析学会」について · e-Learning Award Forum における LA Hackathon の予告
  • 質疑応答

第2部「ビッグデータによる学習解析研究の意義-学習理論・教材開発論の観点から」 (講師:放送大学教授 山田恒夫先生)

学習理論・教材開発論の観点から、現在の「ビッグデータによる学習解析」を解説し、その意義を考察する。

  • 教育の Personalization、Optimization に必要な要件
  • 国際標準化の意義 · EDUPUB で可能になる学習解析への期待
  • 質疑応答

第3部 ディスカッション 「学習ビッグデータ分析のもつ可能性と、利活⽤に向けての課題」 (山田恒夫先生、田村恭久先生)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。