BeNative、新設のシリコンバレーオフィスにて第一回ピッチ大会開催

ビジネス英語教育サービス BeNative Premiumを運営するグローバル教育系スタートアップ企業、株式会社SMATOOSは、今週新しく設⽴したばかりのBeNative Content Labにおいて、現地のベンチャー企業を対象に現地時間2015年7⽉8⽇に第⼀回⽬の「BeNative PITCH COMPETITION(BeNative*ピッチ⼤会)」を開催しました。

(*ピッチとは、主に起業家が投資家などから資⾦調達等を⽬的として⾏う、短時間でのプレゼンテーションのこと。)

ピッチ⼤会には、アメリカ現地のアクセラレーターから、ヘルスケア、ゲーム、EdTech、⾳楽など分野別に推薦を受けたベンチャー企業のみが登壇し、熱のこもった接戦を繰り広げました。

この⼤会には未公開株取引市場の NASDAQ Private Market の前副会⻑である Sam Hayes や、 30 年以上⽇系企業の⽶国進出に関わるコンサルティングを⾏っているジェンクス厚⼦⽒、 SMATOOS 代表の Alan Moonsoo Kim の 3 名が審査員として参加し、ゲストとしてウェストバ ージニア州知事である Earl Ray Tomblin なども参加されました。 (写真:BeNative ピッチ⼤会の様⼦)

BeNative__Japanese____News

この⼤会⼀、⼆位のベンチャー企業には、韓国と⽇本への航空券と、⽇韓の投資家へピッチを⾏う権利が賞品として贈られました。⼀位を獲得したのは、学習者の読解の⼒に合わせたコンテンツが⾃動で反映される読書サービスを提供する「Books that Grow」で、⼆位の座には3Dの全⾝スキャン技術をもとにヘルスケアとビックデータを繋ぎ合わせる 「Fit3d」 が輝きました。

20150710-4cfafefac196e931ebdb55c0e06e29bd

審査委員⻑として参加した SMATOOSの代表 Alan Moonsoo Kim は、

「世界の技術⾰新の中 ⼼地の⼀つであるシリコンバレーで、アジア進出を⽬論むアメリカのスタートアップを対象にし たピッチ⼤会を開催できたことを喜ばしく思います。参加して頂いた中でも特に⼊賞した優秀な 企業と、韓国と⽇本などのアジアの VC を繋ぐ役割を果たしていきたいです。」

と語りました。

20150710-4e267b7e6dac8274c8fbcce6c685df3b

また、今回のピッチ⼤会の映像は全て SMATOOS が収録しており、この後独⾃のデータマイニ ングの技術を施して分析した後、BeNative Premium のビジネス英語学習コンテンツとして、 アジアの英語学習者に提供されていく予定です。

このピッチ⼤会は、SMATOOS が今後グローバ ル展開を図る上で⾏う様々なプロジェクトのうちの第⼀歩、という位置づけになります。 SMATOOS が提供している BeNative Premium は、著書「イノベーションのジレンマ」などで 知られるハーバードビジネススクールのクリステンセン教授をはじめ、ゼネラル・モーターズ、 デルタ航空、ペプシ、3M などの⽶企業の CEO や経営陣などが⾃らの会社や経営哲学を語るイ ンタビュー映像や、あらゆるビジネスシーンでのシチュエーション映像を基に制作された、ビジネス英語に特化した英語学習サービスです。

SMATOOS は現在、⽇本では教育系出版⼤⼿の桐原書店と⼤学⽣向け英語学習教材の共同開発、 韓国では国内最⼤の法⼈向けオンライン教育コンテンツのプラットフォームである Credu、 megaNEXT、HUNET などとの提携、台湾では国内 e ラーニング教育市場のリーダーである StudyBank 社との業務提携、中国の北京には法⼈を設⽴、シリコンバレーにコンテンツ開発センターを設⽴するなど、BeNative サービスのグローバル化をより⼀層加速させています。

株式会社SMATOOSの求人・採用・転職情報

BeNative__Japanese____News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。