Windowsアプリ第2弾!『英熟語ターゲット1000 4訂版』発売

教育出版社の株式会社旺文社がライセンス許諾し、イースト株式会社により開発された、Windowsアプリ『英熟語ターゲット1000 4訂版』が、マイクロソフト社が運営するWindowsストアで7月6日より販売開始されました。

『英熟語ターゲット1000 4訂版』は、1984年の刊行時より熟語学習を効率化すべく、30年にわたり分析を重ねまとめられたものです。大学入試に出ることを第一優先に、セットで覚えたほうがよい表現はグルーピングして掲載するなど、効率よく学習できるように工夫しています。本アプリは「赤セルシート」の使い心地そのままのフィルター機能や、リスニング機能、手書き機能などアプリならではの機能を搭載しています。アプリダウンロード後はオフライン環境で利用することができ、学校や塾、家庭や図書館など様々な場所で利用できます。
e93cad36be

『英熟語ターゲット1000 4訂版』の商品概要

http://apps.microsoft.com/windows/app/1000-4/959093e8-186f-44db-b77c-a7df1a3d5ca1

価格:1,100円(税込) ※無料の1日体験版があります。
発売日:2015年7月6日【特徴】
基本機能は「熟語帳」・「選択問題」・「筆記問題」の3種類です。
1) 「熟語帳」
熟語の意味、スペル、音声の確認などをするための機能です。
・リスニング:「熟語」「意味」「例文」の音声を聞き、注意すべき「発音」や「アクセント」を確認できます。
・フィルター:書籍に付属している赤セルシートの使い心地そのままに、フィルター機能で重要部分を隠して学習することができます。
・チェックマーク:暗記したい熟語にチェックマークをつけて保存できます。2) 「選択問題」
4種類の解答方法で読解力、リスニング力を鍛えます。
(1) 英熟語を見て、日本語の意味を解答
(2) 日本語の意味を見て、英熟語を解答
(3) 英熟語の音声を聞いて、日本語の意味を解答
(4) 日本語の音声を聞いて、英熟語の意味を解答

3) 「筆記問題」
手書き文字認識機能で、例文中の熟語が正しく書けるか確認することができます。

Screenshot.517084.1000007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。