【イベント】7月9日(木)開催、DiTTシンポジウム「21世紀にふさわしい学びとは?」

DiTT(デジタル教科書教材協議会)主催で7月9日木曜日13;30〜、慶応義塾大学三田キャンパスにて、「21世紀にふさわしい学びとは?」と題して、 独立行政法人日本学術振興会理事長で中教審前会長の安西祐一郎氏と 立命館大学教育開発推進機構教授の陰山英男氏が講演が行われます。

 

DiTTシンポジウム「21世紀にふさわしい学びとは?」

■日時:2015年7月9日(木)13:30~15:00 (13:00~受付開始)

■会場:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

プログラム(予定)は以下のとおりです。

・基調講演「これからのICT教育の課題」
立命館大学教育開発推進機構教授 陰山英男氏

・基調講演「教育はデジタル技術によってどう変わるか」
独立行政法人日本学術振興会理事長、中央教育審議会前会長 安西祐一郎氏

■参加申込は以下フォームから

https://goo.gl/VHHeDJ

 

※公式サイトはこちら

http://ditt.jp/news/?id=2127

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。