ベネッセ、電子書籍/動画がいつでも自由に閲覧できる 「電子図書館 まなびライブラリー」を、7/25よりスタート

株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーションは、7月25日(土)より、進研ゼミ会員向けの新サービス「電子図書館 まなびライブラリー」をスタートすることを発表しました。「まなびライブラリー」は小~高校生にお勧めの電子書籍/動画配信サービスで、お手持ちのパソコン、タブレット、スマートフォン、チャレンジタッチ専用機でいつでも自由に閲覧ができます。

「まなびライブラリー」は、子どもたちの「課題解決力」に必要な幅広い教養を身につけることを目的に、参加企業各社(後述)が保有するコンテンツの中から厳選した、良質な電子書籍と映像を配信するもので、進研ゼミ会員の方なら追加料金不要で利用できます。

d120-478-944715-0

 

「電子図書館 まなびライブラリー」の背景

子どもたちが将来活躍する社会でますます重視される「課題解決力」の養成には、従来の教科学習に加え、文芸、哲学、発想法、表現スキル、良質な趣味等の幅広い教養が必要となります。このたびの「まなびライブラリー」では、上記の観点から、幅広い教養につながる知的好奇心・一般教養・問題解決スキルを育むコンテンツを提供します。

<コンテンツについて>
小~高校生を対象に人文科学、社会科学、自然科学の領域をカバーする絵本・図鑑・児童書・新書・一般書・動画等を提供します。

<まなびライブラリー参加企業> ※2015年7月25日時点、五十音順

【電子書籍】
・ 株式会社岩波書店(本社:東京都千代田区)
・ 学研グループ<株式会社学研教育出版、株式会社ブックビヨンド>(本社:東京都品川区)
・ 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区)
・ 株式会社フレーベル館(本社:東京都文京区)
・ 株式会社ポプラ社(本社:東京都新宿区)

【動画】
・ ディスカバリー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)
・ 東映株式会社(本社:東京都中央区)

「まなびライブラリー」内の電子書籍、動画コンテンツは一定期間で入れ替わる仕組みで、2016年4月までに蔵書約1000冊、映像コンテンツ約20本を目標に、ラインナップの拡充を図る予定としています。

d120-478-944715-0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。