タブレット向け人工知能型教材『TreasureBox』を手がけるCOMPASS、総額4,000万円の資金調達を完了

株式会社COMPASSは、インフィニティ・ベンチャーズLLP及び、山岸 広太郎氏を引受先とする総額4,000万円の第三者割当増資を実施しシードファイナンスを完了したことを発表しました。調達した資金を基に、タブレット向け人工知能型教材『TreasureBox(トレジャーボックス)』の更なる開発強化、また経営基盤の強化を図っていくとしています。また今回の増資に伴い、インフィニティ・ベンチャーズLLPの小野 裕史氏を取締役として新たに迎え入れたことも発表しました。

『TreasureBox』の仕組み

img_65755_1

『TreasureBox』による7倍の教育効果

現在の一方通行型になりがちな学校教育では高校生で7割、中学生で5割、小学生3割の生徒が学校の授業についていけなくなっています。『TreasureBox』は一方通行型の教育ではなく、双方向のアダプティブな教育を実現することで飛躍的な教育効果を生み出すことに成功しています。今年3月に行った株式会社COMPASS直営の学習塾での導入実験では、通常、14週間かけて行う1学期の授業が2週間で終わり、受講者全員が学校平均点を上回るという教育効果が得られました。

この結果を踏まえ、葛西の進学塾『斉学舎』、『学びの社』など学習塾への導入が進んでいます。今後導入を広げると共に、対応学年や教科を広げ2016年末までに1,000校舎への導入を目指すとしています。

『TreasureBox(トレジャーボックス)』とは

img_65755_2

『TreasureBox』は人工知能を用いたタブレット教材です。従来型のタブレット教材との大きな違いは生徒の解答データを解析し、次に出す問題を生徒ごとに変えていく点です。一人一人の生徒が何がわかっていないのかをピンポイントに把握することで、まるで講師が生徒一人一人に個別指導で教えているかのような環境を実現します。『TreasureBox』には、4,000問の問題が登録されています。一人一人の解くスピードやプロセスなどを解析し、生徒が何をわかっているのかということを理解。一人一人に合った問題を出し続けます。
また、2015年6月に開催されたスタートアップの登竜門「Infinity Ventures Summit(IVS) Launch Pad」にて準優勝しています。

◆会社概要
会社名  : 株式会社COMPASS
代表   : 代表取締役 神野 元基
URL    : http://compass-e.com/

株式会社COMPASSの求人・採用・転職情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。