オンライン英会話の認知度は29.2%、利用率は15.6% MMD研究所が調査を実施

MMD研究所は、20歳から59歳の男女33,105人を対象に「オンライン英会話の利用に関する調査」を実施しました。

 

オンライン英会話の認知度は29.2%、利用率は15.6%

20歳から59歳の男女33,105人を対象に、オンライン英会話サービスを認知しているか聞いたところ、知っていると回答したのは29.2%でした。次に知っていると回答した人(N=9,679)を対象に、オンライン英会話サービスを利用したことがあるかを聞いたところ、15.6%がオンライン英会話サービスを利用したことがあると回答しました。



利用したことのあるオンライン英会話サービスTOP3は「レアジョブ英会話」「DMM英会話」「ECCオンライン英会話」

オンライン英会話サービスを利用したことがあると回答した人(N=1,508)を対象に、利用したことがあるオンライン英会話サービス(複数回答)を聞いたところ、「レアジョブ英会話」が28.2%で最も高く、次いで「DMM英会話」が27.2%、「ECCオンライン英会話」が25.0%、「産経オンライン英会話」が13.4%、「QQイングリッシュ」が11.7%でした。さらに、オンライン英会話サービスを現在も利用している人(N=1,130)に、メインで利用しているオンライン英会話サービスを聞いたところ、こちらのTOP5も同様に「レアジョブ英会話」が21.0%で最も高く、「DMM英会話」が18.4%、「ECCオンライン英会話」が17.7%、「産経オンライン英会話」が8.1%、「QQイングリッシュ」が5.8%でした。

 

オンライン英会話サービス利用時に重視した点は「料金の安さ、講師の質、予約のしやすさ」

オンライン英会話サービスを利用したことのある人(N=1,508)を対象に、オンライン英会話を利用する際に重視した点(複数回答)を聞いたところ、「料金の安さ」が32.6%、「講師の質」が22.9%、「予約のしやすさ」が22.5%となりました。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性はMMD研究所のサイトで会員登録後にダウンロードが可能です。

上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、下記ご担当者あてにお電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/
MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
MMD研究所のサイトで会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。

20150619_1-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。