パーソナライズド動画ソリューション「PRISM」 教育分野での活用イメージビデオを発表

パーソナライズド動画ソリューション「PRISM」を提供する株式会社クリエ・ジャパンは、教育分野におけるパーソナライズド動画活用のイメージビデオを発表しました。

「PRISM」(http://www.pr-ism.jp)は、ユーザー情報をもとに、サーバ上で動画を組み合わせ、画像やテキストを合成することで、一人ひとりのユーザーに対して専用動画を自動生成・自動配信することができるOne to Oneマーケティングの動画生成ソリューションです。

東京ビッグサイトで開催された「教育ITソリューションEXPO」(2015/5/20~22)において、教育分野においてもパーソナライズド動画活用の高いニーズがあることがわかりました。

<教育分野での活用シーン例>

1.学校や塾での個別指導での活用

厳しい受験競争の中、「個別指導」が一つのキーワードになっており、個々の学生の成績や学習の進捗状況に応じて学習アドバイスや進路指導などの動画を提供するといった活用方法です。

 

2.生徒募集などのプロモーション目的での活用

少子化の影響もあり、塾や学校の生徒募集が厳しくなってきており、生徒募集などのプロモーションに力を入れているようです。その際に、事前アンケートやプレテストなどにより、その生徒に相応しいカリュキュラムやコースなどを学校や塾の案内とともに提供するといった活用方法です。

上記のように、教育分野においても、ビジュアルで分かりやすく、インパクトのある手段としてパーソナライズ動画が活用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。