スマホ家庭教師mana.bo、ブラックバイトに関する調査を実施、結果を公表

スマートフォンアプリで家庭教師から個別指導が受けられる教育サービス「スマホ家庭教師mana.bo(マナボ)」(http://mana.bo )を運営している株式会社マナボは、「スマホ家庭教師mana.bo(マナボ)」の東京大学をはじめとした難関大学現役生のチューター30 名を対象に、“ブラックバイトに関する調査”を行い、その概要を発表しました。

 

ブラックバイト経験者は3 割!その内、約2割は対処せず。

調査によると、昨今問題となっているアルバイトに対し過酷な仕事を強要する、通称「ブラックバイト」を経験した人が3 割に(30.0%)に上ることがわかりました。また、その内の約2割(22.2%)は「対処をしていない」と回答しました。残り約8 割(77.8%)の「対処した人」に具体的にどのような対処をしたか聞いたところ、「やめた」や「労働基準監督署に連絡」など学生だけでは解決しきれない問題があることが浮き彫りになりました。

具体的内容は、残業代不払い、休憩なし、パワハラ・セクハラ

ブラックバイトを自身が経験、もしくは周囲で見聞きした人(19 名)に対し、ブラックバイトの内容について聞いてみたところ、「残業代の不払い(52.6%)」、「休憩時間の不付与(26.3%)」、「パワハラ・セクハラ(26.3%)」が主な内容として挙げられました。

具体的な体験談では、「塾でコマ分しか時給発生しない。」、「給料の振り込みが数ヶ月滞納される。」といった給与面の問題や、「理不尽な上司の言及。モラハラとも思える対応。」、「社員間でわざと違う指示をだして楽しむ。」などのパワハラに該当するような事例について回答がありました。

ブラックバイトを自身が経験、もしくは周囲で見聞きした業種を見てみると、「接客業」、「教育(塾・家庭教師)」、「事務」、「エンジニア」、「リゾートバイト」などが挙げられました。今回の調査では、「接客業」と「教育(塾・家庭教師)」でのブラックバイト経験が高くなっており、調査対象が学生であることから、学生がアルバイトをしやすい業種で経験者が多く見られました。一方で、他業種でも経験者がいたこともあり、ブラックバイトは特定の業種に限った問題でないこともわかりました。

株式会社マナボの求人・採用・転職情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。