Clearを運営するアルクテラス、グローバル展開に向けて1.3億円の資金調達を実施

勉強ノートまとめアプリを運営する株式会社アルクテラスは、スターティア株式会社、株式会社電通デジタル・ホールディングスが運用する電通デジタル投資事業有限責任組合、BonAngels Venture Partners, Inc.、他から総額1.3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

 

資金調達の目的

アルクテラスは、Adaptive Learningの理論に基づいて、ITを活用した学習サービスを提供しています。今回グローバル展開を加速する「Clear」は、学生が自分の作った手書きノートを公開したり、自分の学習している分野の多様なノートを使って学んだりすることで、楽しくかつ効果的に学ぶことができるユーザー体験を提供し、全国50万人を超える中高生から支持されています。

スマホの普及とともに、スマホを使った勉強(通称「スマ勉」)が日本だけでなく、グローバルに浸透し始めています。今後は世界の学生や社会人にスマ勉が定着することが予想される中で、アルクテラスは各国で勉強ノートをデータベース化した「Clear」を使用した楽しく効果的な学習体験を提供することを目指しています。今回の資金調達は、グローバル展開と機能強化を加速させることを目的としています。

 

アジアを中心としたグローバル展開の展望

グローバル展開の具体的な提供先として、2015年は東南アジア、アジア各国、2016年は北米、南米への展開を計画しています。東南アジアでは特にインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアに重点を置き、アジアでは特にインド、韓国、台湾に重点を置いて展開をする予定です。既に2015年4月にタイでリリースし、ユーザー数と公開ノート数の成長が加速し続けています。

スターティア株式会社は東南アジアを中心としたグローバル展開および一部技術開発のパートナーとして、株式会社電通デジタル・ホールディングスはメディア開発・マーケティング・PRのパートナーとして、Bon Angelsは韓国へのサービス展開のパートナーとして、資金提供以上の強力なシナジーを見込んだ資金調達を行いました。機能強化としては、公開ノートの質と量の両方を向上、個々のユーザーに最適化されたコンテンツ(公開ノート)の提供を重要な開発分野としています。

 

勉強ノートまとめアプリ「Clear」について

「勉強ノートのSlideShare」という言葉で表せるように、勉強ノートを公開、閲覧できる学習プラットフォームです。ユーザー一人ひとりに最適化された学習コンテンツを提供し、楽しく効果的な学習体験を実現することを目的として開発、運営しています。アルクテラスでは自分の学習スタイルやレベルに合ったコンテンツで学習することでパフォーマンスを最大化できると考えているようです。アプリ提供開始後1年間で50万ユーザー以上を獲得、3万冊以上の公開ノートを蓄積しています。ユーザーの多くは中高生で、「Clearを使って勉強のやる気が出た」「勉強に対する心理的なハードルが下がる」という声が集まっています。

<現状の主な機能>
(1) ノートの公開、閲覧機能
(2) 著者のフォロー機能
(3) ノートへのコメント機能

上記に加えて、今後はユーザーの学習スタイル、レベル、重点分野を把握し、各ユーザーにとって優先度の高いコンテンツを提供する機能を開発・実装する予定です。

以前のアルクテラスに関する記事はこちら

アルクテラス株式会社の求人・採用・転職情報はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。