スクーが新たに全国 4 大学と連携 國學院大や東京未来大などの全31授業がオンライン上で無料開講

インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー)WEB-campus」を運営する株式会社スクーは、今年 4 月に発表した全国 10 大学との連携から、新たに 4 大学を追加し、「仕事に活きる教養」をテーマとした大学の授業を 2015 年 7 月からオンライン上で順次開講することを発表しました。全 31 コマに及ぶすべての授業の受講は、生放送・録画ともに無料です。

 

7月に國學院大學、東京未来大学、八洲学園大学、熊本学園大学の4大学と連携

univ_2015

スクーは 2015 年 7 月以降、國學院大學、東京未来大学、八洲学園大学、熊本学園大学の全国4大学と連携し、各大学の特色ある教養科目を、オンライン上で無料開講する。今回開講される授業のラインナップは、各大学それぞれに特色あるものが中心となっており、國學院大學の「経営学から考える製品品質問題」や、東京未来大学の「モチベーション・マネジメントの心理学」、八洲学園大学の「道徳と生きる力」「ケースでわかるコンプライアンス」、さらに九州の熊本学園大学では、水俣病の研究機関を持つ強みを活かし「現代に活きる水俣学」といった授業を開講します。

スクーでは、今年 4 月より早稲田大学や関⻄学院大学をはじめとする全国 10 大学と提携を行っており、聖学院大学などでは、学⻑みずから「先生」として登壇する授業などもオンライン開講してきました。

今回新たに公開された全 31 コマの授業詳細は以下のとおりです。

univ_class

スクーの授業はすべて生放送で開講されるため、受講生は授業中に先生に質問をしたり、他の受講生とコミュニケーションを取ることも可能です。(※受講には無料の会員登録が必要です)

スクー上で開講された大学の授業を受講したユーザーのアンケートでは、

「大学名よりも、授業テーマに興味があって授業を受講した」

というような意見もあり、各大学は、自大学の得意とする学習コンテンツを持ってオンライン上で授業を開講し、より多くの認知に繋げる狙いがあるようです。

またアンケート回答者の約半数が

「スクー上で授業を受講するまで、同大学の名前を知らなかった」

と答えており、スクー上で無料授業を受講したことをきっかけに、大学の入学者説明会に参加したり、知り合いや自分の子供と大学について話したりといった、具体的なアクションを起こしていたことも分かりました。今後も、これまでスクーが蓄積してきた「ネットで大学の授業を開講するノウハウ」と「各大学ならではの知見」を掛けあわせ、「自大学の魅力を発信したい」と考えている教育機関と継続的に連携していく予定としています。

 

スクーを大学の補講教材に利用する大学も:インターネット時代の新しい大学教育

univ_image

こうしたコンテンツを「作る」実績を国内の大学に拡大する展開と同時に、現在は大学の学生がスクー上の動画学習コンテンツを「使う」取り組みも進めています。具体的には、今年 6 月より大学内の一部のゼミや、大学院大学にて、在学中の学生を対象にスクーのオンライン学習コンテンツを開放しました。スクーで人気の「プログラミング」や「起業家養成」について学べる授業を中心に、大学の授業だけではフォローしきれない領域の《補強教材》として活用しています。今後はこうした取り組みをはじめ、大学など教育機関ともリアルとネットの融合を進め、新しい大学の教育のかたちを提案していく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。