幼稚園・保育所・小学校などの教育機関向けSNS「ストーリーパーク」の日本展開開始!

株式会社グローバルパートナーズは、幼稚園・保育所・小学校などの教育機関向けSNSサービス/eポートフォリオ「ストーリーパーク」を、日本総代理店として日本展開を開始したことを発表しました。

ストーリーパーク: http://storypark.jp/
img_63695_1

このアプリは、写真・ビデオやテキストなどを投稿するだけの画期的なeポートフォリオ(電子化された学びの記録)です。インターフェースは、Facebook等のSNSに似ており、PC・タブレット・スマートフォンに対応しています。閲覧者は学校関係者のみなので外部に漏れることはありません。

img_63695_2

ストーリーパークの特長

(1) 教育機関向けクローズドなSNS
ユーザーは学校関係者のみなので、子どもの顔と名前が載っても安心です。投稿ごとに、ご家族単位で公開先を設定できます。コメント機能もあるため保護者と先生間のコミュニケーションを促進します。

(2) 学習記録・評価に活用できるeポートフォリオ機能
文章・写真・ビデオ・PDFで記録できます。タグ付け・印刷の機能もあるので、子どもの成長を振り返り今後の教育計画に役立てることができます

(3) 連絡帳・掲示板としての機能
従来は個別にプリントやメールでやりとりしていた連絡事項も、サイト上で簡単に伝達できます。通知メールが届くように設定することもできます。

(4) 登録児童1名から利用可能
少人数の習い事や子育てグループ、シッターなどでも利用できます。

(5) 初期費用ゼロ・低価格
料金は児童一人につき100円/月(一年契約)です。新規登録の教育機関には、30日間の無料お試しを実施しています。

(6) PC・タブレット・スマートフォンに対応
使い方は他SNSに似ており、アカウント作成も簡単です。

ストーリーパークの利用者の声

img_63695_3
<保護者>

ストーリーパークが無ければ授業や行事の様子を知ることができなかった!
・ストーリーパークなら、子どもの顔写真が載っても気になりません。
・コメントしていると学校との距離が近くなった気がする。

<先生>

・普段、口頭ではなかなか伝えられなかったお子さんの様子を簡単に伝えることができます。
・保護者からコメントをもらえると嬉しいです。
・内容に合わせて、一人でも複数でも子どもを選んで投稿できることが便利です。

ストーリーパークの独自性

img_63695_5

教育機関におけるSNS利用は「広報」が主目的であり、eポートフォリオは「大学生向け」というイメージが強いと思われます。しかし、家庭と学校間のSNSや、幼児・初等教育向けのeポートフォリオというのは他に類を見ません。幼稚園・保育所のオンラインツールとしては、出欠や体調管理の記録、写真販売のためのウェブアルバムが多くあります。ストーリーパークは出欠記録や緊急連絡に終わらず、児童に関するトピックを中心にして、保護者と先生がコミュニケーションをとることができる最適なツールです。ニュージーランドで開発され、現在、登録者数は世界で5万人を超えています。

 

ストーリーパークの概要

名称   : ストーリーパーク (Storypark)
公式サイト: http://storypark.jp/
対応端末 : ブラウザを搭載したPC、
iOS 7.0以降のiPhone・iPad・iPod touch、
Android 4.0.3以上
料金   : 登録児童一人につき100円/月(一年契約)
※月契約の場合は児童一人につき130円/月
iTunes URL: https://itunes.apple.com/us/app/storypark/id867828317
Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.storypark.app.android 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。