教育系出版大手の桐原書店とビジネス英語のBeNative、大学生向けのビジネス英語学習教材を共同開発

ビジネス英語に特化した語学学習サービスBeNativeを提供するグローバル教育系スタートアップ企業、株式会社SMATOOSは、日本の教育系出版のリーディングカンパニーである株式会社桐原書店と共同で、大学生向けのビジネス英語学習 教材の開発を行うことを正式に発表しました。

benative

今回共同で開発する学習教材については、文部科学省が提唱する「グローバル人材育成推進事業」を背景に、大学生が卒業後にビジネスの場でグローバルに活躍できる実践的な英語力を、効率よく学習できるように設計されています。

具体的な教材の中身としては、BeNative のオンライン学習コンテンツをベースとしたテキスト教材を作成し、実際に講義を行う講師は、そのテキストと、BeNative の動画コンテンツを併用しながら講義を進めていきます。実際の映像を用いて学習することができる BeNative のオンラインコンテンツならではの長所と、対面式のレッスンにおいて詳細な内容まで踏み込んで講義・解説することができる教科書ならではの長所を、上手く取り込んだ内容となっています。

このテキスト教材は、例えばビジネスの面接の場などで自分自身を上手く表現する方法や、日本人が苦手とす るプレゼンテーションなどの単元などから構成される予定で、従来の「教科書英語」からの脱却を図り、大学生たちが卒業後すぐに実際のビジネスシーンに、英語で上手く対応できるようになることを意図しています。

今回の共同開発プロジェクトに関して、桐原書店の代表取締役である斉藤氏は、

「グローバル人材育成に欠かせ ない実用的な英語運用能力の養成は、学校種を問わず教育現場において喫緊の課題となっていますが、先生方をサポートする教材はまだまだ不足していると感じています。BeNativeの動画コンテンツはまさにそういった要請に応える格好の教材になると思います。」

と語っています。

また、今回のプロジェクトでは、株式会社 Y&S Visionary(http://ty-saito.jimdo.com/)の代表取締役で、早稲田大学や明治大学でも教鞭を執り、英語教育・グローバルコンサルタントとしてもご活躍されている 斎藤 裕紀恵氏にも監修に入って頂くことが正式に決定しております。 今後は、2015 年の 10 月末にテキストを刊行し、10 月末~2016 年 2 月末までは関連する学会での展示や発表を通して販促活動を行い、2016 年 4 月から全国の大学への導入を始める予定となっています。

また、プレゼンテーションに特化した教科書や、海外の大学への留学を予定している日本の学生向け学習コンテンツな ど、今後も両社は中・長期的にも協力しながら、大学生向けの英語学習教材の開発を行っていくとしています。

株式会社SMATOOSの求人・採用・転職情報

benative

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。