スクーが「クラウドワークス」と事業提携、クラウドワーカーの育成で連携

インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー) WEB-campus」を運営する株式会社スクーは、株式会社クラウドワークスと、双方のサービスでクラウドワーカーを育成する連携を発表しました。
プロジェクトの第一弾として、クラウドワークスに所属する全65万人のクラウドワーカーを対象に、全14コマの特別カリキュラムを無料で提供します。
main

学習ログと仕事データを紐付ける、 クラウドワークスとの連携背景

cw_0408+
スクーは、 国内最大級のクラウドソーシングサービスを運営する株式会社クラウドワークスと提携します。 インターネット上で、 より水準の高い仕事を受注出来る人材をオンライン上で育成し、 国内はもちろん、 長期的には国外の仕事に繋げることを目指すようです。
提携後は、 クラウドワークスとスクーの両サービスの利用者向けのサービスとして、 スクー上での個人の学習ログとクラウドワークスのユーザーデータを紐付けたプロジェクトを段階的に発表する予定となっています。

スクー代表取締役の森健志郎氏は、今回の取り組みについて、

 「全国どこにいても最先端の学習に触れることができ、オンライン上で仕事が受けられる時代は少しずつ当たり前になってきた。弊社の持つオンライン学習のノウハウを活かしてクリエイターのスキルをさらに高めることで、30年後も世界を舞台に戦える人材を輩出していきたい」

と語っています。スクーが、他社と共同でコンテンツを生成するだけでなく、長期的な取り組みとして提携を発表するのは今回が初。

提携第1弾:クラウドワークスの全ユーザーを対象に、 特別カリキュラムを無料提供

第一弾のプロジェクトは、 クラウドワークスに所属する全65万人のクラウドワーカーを対象とした【クラウドソーシングデザイナー向けカリキュラム】と【クラウドソーシングライター向けカリキュラム】の2つの特別カリキュラムを無料で提供します。

sub1

1.クラウドソーシングデザイナー向けカリキュラム
バナー制作のデザインクオリティをアップさせるための方法を学ぶことができます。 見直しポイント、 デザインの表現方法、 Adobe Illustrator、 Adobe Photoshopの作業効率を2倍に上げる方法等を学ぶことのできるカリキュラムです。

2. クラウドソーシングライター向けカリキュラム
直しが少ない正確な文章を書くためには欠かせないライティング方法を学ぶことができます。 文字数制限のある文章作成から、 Webライティングに欠かせないSEO概念までを学ぶことのできるカリキュラムです。

※クラウドワークスの会員・スクーの有料会員以外は、 生放送のみ無料となります録画での受講は有料)
※オンライン授業の受講にはスクーの会員登録(無料)が必要です

main

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。