Web学習教材『城南マナビックス』が公益財団法人日本数学検定協会と提携、実用数学技能検定の過去問を搭載

株式会社城南進学研究社は、公益財団法人日本数学検定協会と提携し、同社が提供する小中学生向けWEB学習システム「城南マナビックス」のコンテンツに、実用数学技能検定の過去問題を搭載することを発表しました。

headimage
「実用数学技能検定」(後援=文部科学省)は、数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定で、公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。おもに、数学領域である1級から5級までを「数学検定」と呼び、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」と呼びます。受験者数は年間30万人を超え、実用数学技能検定を実施する学校や教育機関も16,000団体を超えています。累積受験者数は450万人を突破しており、 いまや数学・算数に関する検定のスタンダードとして進学・就職に必須の検定となっています。また、入試の際、実用数学技能検定を活用(「優遇」「評価」 「参考程度」含む)する学校も増えており、全国650校以上の高等専門学校・高等学校・中学校で活用されています。

「城南マナビックス」は、学校の勉強を確実に理解していく事を目指し開発された、小中学生用WEB学習システム。学校と同じように教科書内容に合った 授業や、10万題を超える演習問題。さかのぼり学習で1学年前の授業に戻ったり、定期テスト問題を作成して挑戦したりと、学校の勉強を自宅で、自分のペー スで自由に行えます。メールでの質問サポートも受け付けています。また、単に学習を進めていくのではなく、日々の学習目標をたて、保護者様がその学習到達度や進捗 状況をチェックできる管理機能も搭載しています。
城南マナビックスHP ⇒http://www.manavics.com/
この学習システムに「数学検定にチャレンジ」という新しいコンテンツを設置し、実用数学技能検定の過去問題を演習問題として搭載する。

headimage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。