Z会、デジタル•ナレッジと新会社「株式会社Z会ラーニング・テクノロジ」設立

株式会社Z会と株式会社デジタル・ナレッジは、学校・教育委員会を対象に、ICTを活用した高度で高品質な教育サービスを総合的に提供する合弁会社「株式会社Z会ラーニング・テクノロジ」を、設立したことを発表しました。

zlt_logo

公式サイトはこちら zlt.co.jp 

Z会ラーニング・テクノロジ

両社は、2015年4月10日に業務提携に関する基本合意書を締結し、その実施に向けた協議を続けてきました。

その結果、事業戦略を共有し、質の高い教育ICTサービスの提供と両社の企業価値向上に資することが可能になると判断したことから、合弁契約を締結し、新会社を共同で設立することになりました。教育のICT化においては、政府が「2020年までに1人1台の情報端末整備」を閣議決定しており、日本の教育は新たな局面を迎え、さらに近年、教材のデジタル化やタブレット・スマートフォンなどのデバイスの進化、ネットワークの高速化により学習スタイルは急速に進化しており、今後は一層の市場拡大・関連事業のニーズ増大が予想されています。

今回設立された「Z会ラーニング・テクノロジ」は、Z会が長年築き上げてきた高度な学習指導ノウハウと、デジタル・ナレッジが1000を超える学校・企業に提供してきた教育テクノロジという両社の強みを融合することにより、教材のみ、情報端末のみ、学習システムのみの提供では解決できなかった学校の課題を、ICTを活用した教育に関わる全てを総合的に提供することで解決していくことを目指しています。

両社は、家庭学習向けの教材提供に留まらず生徒との学習相談などのサービスを展開したり、個々の学校関係者とこれまで以上に緊密にコミュニケーションしたりすることによりこれからも教育現場に寄り添い続けると同時に、新会社「Z会ラーニング・テクノロジ」を通じて、多様・複合化していく先生の教育活動の一助となっていくことを目指すとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。