小学生を対象にプログラミング学習を無償提供!「サイバーエージェント キッズプログラマー奨学金」第二期生を募集

株式会社サイバーエージェントは、小学生を対象にプログラミング学習を無償提供する奨学金制度「サイバーエージェント キッズプログラマー奨学金」の第二期生の募集を2014年9月9日(火)より開始することを発表しました。


■サイバーエージェント キッズプログラマー奨学金 第二期生募集詳細
http://www.cyberagent.co.jp/scholarship/

サイバーエージェントでは、インターネット業界における技術者不足を大きな課題と捉え、優れたIT人材の早期育成の必要性から、2013年5月に小学生向けプログラミング事業会社、株式会社CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)を設立しました。CA Tech Kidsが運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」では、現在200名を超える小学生がプログラミングを学んでおり、これまでに延べ3,000名以上の小学生にプログラミング学習の機会を提供しています。

2014年3月には小学生を対象にプログラミング学習を無償提供する奨学金制度「サイバーエージェントキッズプログラマー奨学金」を設立し、その第一期生として現在8名の奨学生が在籍しています。
この度、本奨学金制度の第二期生を募集するにあたり、昨今の子ども向けプログラミング学習への関心の高まりを受け、対象者数を20名に拡大しました。第二期奨学生は、プログラミングスクール「Tech Kids School」にて、iPhoneアプリ開発、Webアプリ開発などのプログラミング講座を6ヶ月間にわたり無償で受講することができます。

※通常は3ヶ月で57,000円の費用がかかります。
なお、2014年10月18日(土)には、第一期奨学生が開発したiPhoneアプリ、Webアプリをお披露目する成果発表会を開催いたします。

サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏も同席する場で、奨学生が自身の開発したアプリについてプレゼンテーションを行い、6ヵ月間の成果を発表します。

サイバーエージェントではこれらの取り組みを通して、小学生のプログラミング学習を促進するとともに、将来的には参加奨学生の起業なども後押ししていくとしています。

【リリース】小学生を対象にプログラミング学習を無償提供する奨学金制度_「サイバーエージェント_キッズプログラマー奨学金」第二期生を20名募集_-_sakutake_gmail_com_-_Gmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。