Asuka Academy、教育関係者向けセミナー「グローバルな観点でのオープンエデュケーション、電子教材の活用について」を 9/19 に開催。

NPO 法人 Asuka Academyは、大学・高等学校、企業等の教育に携わる方々を対象としたセミナー「グローバルな観点でのオープンエデュケーション、電子教材の活用について」を 9/19 に開催します。参加は無料。事前申込制で、Asuka Academy のサイトで申込を受付けています。
Edx、Coursera など MOOC(Massive Open Online Courses)の社会的広がりとともに、オープンエデュケーション全般の利活⽤について、⼤きな変⾰がグローバルに始まっています。

国際組織であるOCW コンソーシアムも本年4⽉のスロベニアにおける国際⼤会において組織名を「Open Education Consortium」と変更し、単なる授業の無償公開から、より積極的な「学びの提供」へとその活動コンセプトを変えています。また、電⼦教材・電⼦教科書も仕様の国際標準化が急速に進⾏しており、その活用は学習の現場を様変わりさせようとしています。

このような急激な変化の中、教育現場ではどのようにオープンエデュケーションをどう活用していけばよいのか。学習者自身が自らの学びに活かしていく方法は。また、教科書・教材はどうなっていくのか。本セミナーではこれらの全体像と最新情報、新しい学びの潮流について話がされます。

 

セミナー概要

logo

◆日時 2014 年 9 月 19 ⽇(⾦)15:00〜17:00

◆会場 明治大学国際総合研究所 千代田区神田小川町 3-26-2 野村神田小川町ビル 2F

◆目的

オープンエデュケーションの利活⽤について、反転学習など教育現場での利活⽤も含め、グローバルな最新情報をお伝えします。 電子教材、電子教科書の活用について、グローバル標準「EDUPUB」の最新状況と現場での活用を中心にお話します。

◆対象

大学・高等学校、企業等の教育に携わる方々
ネットでの学びに興味のある一般の方々

◆タイムスケジュール

第1部 (講師:Asuka Academy 理事⻑ 福原美三)
OER の活用について(コースウェアの提供から Education としての活用へ)、 世界のオープンエデュケーションの最新状況と反転学習への活用 、Asuka Academy の活動について

第2部 (講師:Asuka Academy 副理事⻑ 岸田徹)
未来の学びについて

第3部 (講師:Asuka Academy 理事 田村恭久)
電子教材の現在と未来 、欧米の電子教科書の活用状況

Asuka Academy コースデモ *10/1 開講の MIT のコースをご紹介します。

質疑応答

 

logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。