アマゾン ジャパン、近畿大学と連携協定を締結、東大阪キャンパスの教科書販売やシラバスのプリント・オン・デマンド配布から取り組みを開始



アマゾン ジャパン株式会社は、9月4日、近畿大学と同大学の教育、研究、学生サービス等の充実を図るため、互いに広く連携協力することを目指す連携協定を結んだことを発表しました。

アマゾン ジャパン株式会社が教育機関との間で連携協定を結ぶのは、近畿大学が初めて。連携協定に基づく最初の取り組みとして、2014年後期から東大阪キャンパスにおける教科書販売をAmazon.co.jpで行うことが合意されました。また、2015年前期から、近畿大学の各学部・大学院で発行されるシラバスや研究紀要をAmazon.co.jpのプリント・オン・デマンド(以下POD)を利用して提供することも合意されました。

近畿大学における教科書販売は、2013年度から同大学産業理工学部(福岡キャンパス)においてキャンパス内での販売と並行してAmazon.co.jpを利用して販売が開始されています。

この度、東大阪キャンパス(8学部及び短期大学部、大学院)にもその範囲が広がり、シラバスに掲載される教科書・参考文献がAmazon.co.jpから販売されることになります。Amazon.co.jp内の「近畿大学 教科書ストア」 (http://www.amazon.co.jp/kindai 以下教科書ストア) をリニューアルオープンし、授業に必要な教科書・参考文献を、学部/学科などから選んで購入いただけます。また、9月16日から9月19日の4日間は、近畿大学東大阪キャンパス内で、Amazon.co.jpでの教科書購入サポートを実施します。

これまでは、各学部で作成されるシラバスや研究は、近畿大学のホームページ上での閲覧が可能なほか、大学側で製本、印刷し、配布していました。2015年前期からは大学側で製本、印刷、配布することなく、入手を希望する方がAmazon.co.jp上で注文すれば、PODにより製本、印刷されたシラバスや研究紀要がすぐに手に入る予定です。近畿大学管理部次長の伊藤博樹氏は、次のようにコメントしています。「これまでは、シラバスなどを予備分も含め大量に印刷し、関係部署に配布していたので、必要以上に費用もかさんでいましたが、Amazon.co.jpのPODを利用すれば、必要な時に必要な分だけ発注できるので、大幅な事務合理化とコスト削減につながると期待しています。今後の展開として、PODを利用し本学紀要等の教員研究を広くご覧になっていただく機会を得ることも本学にとって非常にメリットがあると考えられます。」

上記に加え、Amazon Web Services, Inc.が提供するアマゾン ウェブ サービス(AWS)に関し、本日付けで近畿大学から、AWSと直結するSINETを利用したハイブリッド環境のシステム構築を大学として初めて採用したことについても発表されています

近畿大学とAmazonは、本連携協定に基づき今後も協議を重ね、教育、研究、学生サービス等の向上に連携してまいります。また、Amazonは、大学を始めとする教育機関のサービス向上に貢献できるよう、更なる品揃えの強化とサービスの向上に努めていくことを発表しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。