東京書籍、未来を担う子どもたちと、それを育む先生のための教育総合サイト『EduTown(エデュタウン)』をオープン

東京書籍株式会社は教育総合サイト『EduTown(エデュタウン)』のサービスを開始したことを発表しました。

少子高齢化、人口減少、国際競争という日本が抱える大きな社会変化と課題を踏まえ、「教育の可能性」「先生への新たなサポート」「地域社会の活性化に貢献できる人材の育成」をテーマに、さまざまな事業者と連携し、その多様な「実学情報」をコンテンツとして提供する教育総合サイト『EduTown』を展開します。

東京書籍

『EduTown』は,産官学を代表する複数の事業者サポーターと連携しながら、「キャリア教育」「環境教育」「食育」「グローバル教育」「モノづくり」「自由研究」などの今日的な教育テーマを取りあげ,調べ学習に役立つ記事やアプリ,映像などを通して,21世紀に求められる子どもたちの力を育んでいきます。

総合教育サイト『EduTown』は,東京書籍が運営している先生向け会員サイト『東書Eネット』と教材配信『Webライブラリ』に加え,学校ネット株式会社が展開するキャリア教育の職業調べサイト『あしたね』と提携し,約80万人の会員数でスタートします。『あしたね』は神奈川県版と愛媛県版を展開しており,今後さらなる取り組みを拡大し,全国への普及を目指します。『EduTown』は,高度なセキュリティを保持する日本マイクロソフト株式会社「Azure」を採用し,各サイトは無料で利用することができます。

<EduTownの主な取り組み>

「EduTownあしたね」

「EduTown 聞き書き甲子園」

「EduTownモノづくり世界一」

「EduTown UNITE もっとグローバルに!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。