ScratchJr公開後日本初開催、キッズプログラミングワークショップをベネッセが8月27日に開催

ベネッセは、夏休み特別企画、“親子で著者大学”として2014年8月27日(水)に東京 東銀座のセミナー&カフェスペース「GAT CAFE」でキッズプログラミングワークショップを開催することを発表しました。

hashizume_pg_what1

この夏MITメディアラボから公開された、5歳からはじめられるキッズプログラミングツールの決定版(iPadアプリ)「ScratchJr」を使って、プログラミングの基礎、創造的な活動体験を提供。

iPadはお子さま全員に貸し出し。講師は、この秋に日経BP社から出版される『5才からはじめるすくすくプログラミング(仮)』の著者、橋爪香織先生(谷内正裕氏との共著/阿部和広氏監修)。

日本語開催ワークショップの他、英語開催ワークショップでは、楽しいものづくりと合わせて基本的な英語を楽しみながら使って参加するワークショップを企画しています。インストラクターは、日本語開催のメイン講師として橋爪香織先生、英語ワークショップのインストラクターは橋爪香織先生にプラスしてメインインストラクターに、著者大学教授の神林サリー先生が登場します。

hashizume_pg_top1_2■初めてでも大丈夫!8/27のワークショップ、キッズプログラミング体験から学べる内容

1.論理的な思考

2.創造的な思考

3.体験から学ぶプログラミングの基本

4.作ったものを発表する表現力

5.ツールとしてのScratchJrの基本操作

 

■英語経験ゼロでも大丈夫!サリー先生と橋爪先生、ネイティブスタッフのサポートの英語ワークショップで作品づくりを楽しむ!英語開催のワークショップで学べる英語について

1.move , jump , walk など基本的な動作をキャラクターを動かしながら学ぶ

2.This is ○○. ○○ is ~ing . といった定型文を自分の作品発表で楽しく身につける

3.英語のワークショップの中で、自分だけの作品をつくることで体験といっしょに英語を使う自信がつく。さらに、自分の作品のShow&tellの活動では、プレゼンスキルの導入ができ、プレゼンテーションの自信もつく。

参加するお子さまには、「修了証」、そして保護者の方とお子さまに『ScratchJrミニブック』のプレゼントなど、合わせて5つの特典もあります。

▼ワークショップの詳細、申し込みは以下URLから

http://authoruniv.com/meetups/2

 

normal_sensei_small_hashizume

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。