明光義塾、デジタル・ナレッジの学習専用端末を活用した「映像学習」で高校生の自立学習をさらに推進

1000を超える企業・スクール・学校のeラーニングシステムを立ち上げている『日本で初めてのeラーニング専門ソリューションベンダー』、株式会社デジタル・ナレッジ(は、多くの教材が利用できる学習専用端末『StudyPad HighSchool Edition 』を活用し、株式会社明光ネットワークジャパンが運営する明光義塾の映像学習『MEIKO MUSE(メイコウミューズ)』を構築、提供したことを発表しました。

『MEIKO MUSE』は高校生を対象とした映像学習システムで、大学受験のための指導体系をさらに強化する目的で導入されました。「個別指導による自立学習」を教育理念に掲げる明光義塾では、講師によるリアル授業も『MEIKO MUSE』の映像学習もすべて”個別指導”という考え方のもと、両方を使い分けることでより学習効果を高め、自立学習をさらに推進できるものと期待され、2015年夏までに1000教室導入を目指しています。

meiko

■映像学習システム 『MEIKO MUSE』 の特長
・高校生を対象とした、明光義塾オリジナルの映像学習システム
・「受験対策」「受験基礎」「定期テスト対策」の3コースから成り、全講座数は約800(2014年6月現在)
・生徒は自分に合った最適な学習プランに沿って、好きなときに専用のタブレット端末で受講可能。講師による個別授業との併用も可能で、より効果的な大学受験指導体系を実現しました。

■映像学習システム 『MEIKO MUSE』 導入後の成果
・導入した教室では「成績が上がった」「志望大学に合格した」などの結果が出ており、概ね好評で、講師のやる気向上にもつながっています。
・生徒からも「受験に特化した内容で効率よく勉強できた」「苦手な科目が一気に伸びた」「憧れの志望校に合格できた」といった喜びの声が多く出ています。

▼詳細はこちら

http://www.digital-knowledge.co.jp/service/it/studypadhighschooledition/

▼明光ネットワークジャパン インタビュー / 事例ページ
http://www.digital-knowledge.co.jp/casestudy/interview/meiko.html
http://www.digital-knowledge.co.jp/casestudy/business/meiko/

▼明光義塾生徒インタビュー
http://www.digital-knowledge.co.jp/casestudy/business/meiko/success.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。