世界中の先生と生徒を繋ぐClassDoの利用者が100カ国を突破

ClassDoは、日本拠点でのローンチからの19ヶ月で、世界中の先生と生徒を1対1のオンラインレッスンで繋げるClassDoの利用者が、遂に100ヶ国を超えたことを発表しました。

ClassDo「クラスドゥ」ClassDoのサービスは世界中の主要新聞社から大きく注目されています。米国のウォール・ストリート・ジャーナル、シンガポールのストレイツ・タイムズ、その他にも多くの地域、言語でClassDoの活動が特集されました。

100カ国を超えてサービスを提供しているClassDoですが、新規ユーザーの8割は口コミで集まっています。さらに、ClassDoのユーザーは一部の地域に偏らず、世界の5大陸全てに広がっています。地域別ユーザーの割合は北米19%、中南米9%、ヨーロッパ16%、東アジア25%、南及び東南アジア18%、アフリカ4%、中東8%となっています。

国境や通貨の障壁が無いレッスンの新しい形。

パナマに住んでいる女性は自身の知識をレッスンで提供しながら、オランダに住んでいる先生からギターを習い、日本に住んでいる先生からは日本語を学んでいます。彼女の息子さんも、自国では見つけることのできなかった中国語講師を台湾で見つけました。日本国内で就職活動中の学生は、人事分野の経験が豊富な先生のレッスンを受講しています。アメリカに住む生徒はケニアにいる先生からスワヒリ語を習い、中東で飲食店の出店計画を立てているビジネスマンは、日本にいるシェフの先生から和菓子のお店を開く為のアドバイスを受けています。

国境を越えた新たな学びの形をClassDoは提供しています。

▼以前の記事はこちら

【インタビュー】CEO曾 超繁氏に聞く、グローバル教育プラットフォームサービス『ClassDo』

【レポート】EdTech JAPAN Pitch Festival 「世界中の学びたい人と教えたい人をつなぐプラットフォーム」 クラスドゥ株式会社 Chiew Chung氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。