株式会社GOOYAが「TechAcademy」と提携し、若年層の雇用機会の創出とICT業界の人材不足を解消へ

2014年8月より、株式会社GOOYAはキラメックス株式会社が運営する「TechAcademy(テックアカデミー)」と提携し、双方でエンジニア教育を強化、幅広い分野で長期的に活躍できる人材の輩出を行っていくことを発表しました。GOOYAが運営する「GOOYA TECH DOJO(ゴーヤ テック ドージョー)」では教育面だけでなく、長期的なキャリアプランをデザインすることで、長期的に業界に定着し、IT人材不足の解消へと繋げます。 techdojo-techacademy システム開発とスマートフォン検証事業を行う株式会社GOOYAはキラメックス株式会社が運営するIT教育に特化したスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」と提携し、エンジニアの教育事業を強化し、若年層の雇用機会の創出とICT人材不足の解消を行っていきます。

この提携では、より実践的なテクニカルスキルと高度なコミュニケーションスキルを有した人材育成を目的にTechAcademyから「GOOYA TECH DOJO(ゴーヤ テックドージョー)」へ受講生の受け入れを行います。さらに、研修を通して具体的なキャリアプランをデザインすることで長期的に活躍できるエンジニアを育成し、若年層のエンジニアのIT業界への定着を促進することで、昨今懸念されているICT人材の不足を解消を目指します。

株式会社GOOYAは、2014年5月からLPI-Japanアカデミック認定校としてGOOYA TECH DOJOを運営しています。12,000件を超える豊富な受託開発の実績を活かして構成した独自の研修カリキュラムを使用し、サーバーやネットワーク機器を完備することで、実践さながらの環境で技術を学ぶことを可能とし、IT未経験者を即戦力のエンジニアへと教育しています。

また、Tech Academyでは「すべての人にプログラミング教育を届ける」をミッションに、6時間で完結するスキルアップの講座を中心に開催しています。過去の受講人数は、2012年11月の開始から約1年半で3000名を突破しました。企業向けの研修プログラムでは、独自に開発した反転教育のシステムを利用して大手ICT企業を中心に導入されています。

社会におけるICTのニーズが高まる中、8割を超えるICT企業が人材不足を感じており、業界内での人材不足は深刻化しています。今後は教育事業を行うなかで、その後のキャリアプランをデザインし、長期的に活躍できるICT人材を輩出することで雇用機会の創出と人材不足を解消し、ICT業界の発展に貢献することを目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。