【レポート】EdTechNight! 第3夜 ~グローバルにおける教育×インターネットのトレンド~【前編】

教育現場や学習の現状を紐解き、教育×インターネットの未来を切り開くイベント『EdTech Night!』の第3夜が5月に開催されましたイベントの様子をレポートします。

edtechnight

2013年11月に開催した第1夜ではリーディングカンパニーや、ベンチャー、学校関係者など教育の現場に立つ方を交えてのイベント、2014年2月の第2夜では、データは学習のあり方を変えるのか?という疑問提起のもと、学習効果や継続性を高める取り組みに注目し、教育現場の方を交えて開催、第3夜はグローバルな視点でトレンドを追っています。

 

『EdTech Night! 第3夜』 概要

2014年5月28日(水)

17:30~18:00 受付 (会場:株式会社ドリコム セミナールーム)

18:00~18:20 元ベンチャーキャピタル勤務 尾島 菜穂 氏

18:25~18:45 デジタルハリウッド大学大学院 専任教授 佐藤 昌宏 氏

18:50~19:05 株式会社SMATOOS 代表取締役CEO Alan Moonsoo Kim 氏

19:10~19:30 Quipper Ltd. 日本オフィス代表 横井 明文 氏

19:40~20:20 パネルディスカッション モデレーター:株式会社ドリコム ソーシャルラーニング事業部 部長 石井 学

元ベンチャーキャピタル勤務の尾島氏とデジタルハリウッド大学院大学 佐藤氏からは北米の先端事情、SMATOOS Alan氏には韓国で今起こっていること、Quipper 横井氏には東南アジアの教育×インターネット事情のお話がありました。

以下、それぞれ詳細をお伝えします。

 

元ベンチャーキャピタル勤務 尾島 菜穂 氏 アメリカの教育イノベーション

 Point
シリコンバレーで1年間Edtechを見てきた。このワクワクを伝えたい。
アメリカのEdtech投資は日本のベンチャー投資全体に近い規
・K12教育変革の先端では、デジタルを活用するのは当たり前     

1.Edtech投資のトレンド

2013年のベンチャー投資

・アメリカ 2.9兆円 そのうちEdtech1250億円(5%弱)

・日本  1604億円

2014年のベンチャー投資は、アメリカは1Qで既に559億円103社。K12のベンチャー投資が増えている。SEEDの投資ラウンドが活発化している。

 

2.K12の変革

Edtechは教育イノベーションの一部=テクノロジーをレバレッジして「教育を改革する」という意識がアメリカは強い。アメリカで一番深刻な問題は学力格差。ラテン系の子どもたちの学力が低い。

チャータースクール(公立校)が予算をもらって運営している例が面白い。
1.テクノロジー系のアプローチ
・ROCKETSHIP
・alpha
・Leadership Piblic School
・sum mit
2.先生にエンパワーメントするアプローチ
・KIPP!

Rocketship(どちらかというと貧困層)を事例

  • 教師:教師としてもともと優秀な人間を採用。給料も高く設定
  • 親:親をどんどん巻き込む。「最低30時間ボランティアをしてください」というメッセージも出している。親の中には、ボランティアではじめて学校の活動(遠足など)に参加する等、親への教育にもなる。
  • 生徒:個別化した学習(テクノロジーを活用)
日本ではEdtechと語られるが、アメリカでは、ブレンデッドラーニングということが多い。ブレンデッドラーニングには幾つかモデルがあるが、下記の2つを採用している。
 
  1. ラボローテーション:2時間パソコン教室でアダプティブな教材に取り組む。教材を柔軟に採用できるので、スタートアップの商品をよく活用している。
  2. Flexmodel:個人にスケジュールが渡されていて、少人数指導、個人学習、パソコンでの学習、などはそれぞれが進める。
 
一方で、朝礼や成績の張り出しなど、管理教育的な面もあった。アメリカでは、教育成果もデータドリブンで検証していることを重視している。デバイスでは、chromebookが活用されていた。2-300$で買えるので、学校教育分野に急速に広がっている。

■Lynbrook高校(裕福なアジア系の学校)の事例

  • テクノロジーで教育をレバレッジする段階ではなく、既に日常にテクノロジーが溶け込んでいる印象。
  • 生徒の個人端末としてはタブレットを配布しているが、キーボードが必要でパソコン教室もかなり稼働しているという。
学習のプラミッドとして、1,2の学習中心の低学年はタブレットで十分だが、学年になるとキーボードが必要になってくる、統一試験などでPCテストも多いため、その対策の面もある。
 
6.創造
5.評価
4.分析
3.応用 小学校高学年以上はキーボードが必要。PCテストも多い。
2.理解
1.記憶 小学校低学年はタブレットで十分。直感的に操作できる。
チャータースクールをもっと知りたかったら:ドキュメンタリー映画 Waiting for Super man をご覧いただきたい。

3.大学の未来?!

スタンフォード大学 d.school 2100年にタイムスリップしてから2025年を振り返るというプログラムがあった。ここでアメリカは、2年強で転職する人がもっとも多くなり、正社員は60%くらいだろうと予測されていた。そのような時代で、大学教育で重要なこととして挙げられていたのが下記4点

 1.生涯教育
 2.自分のペースで学べる
 3.学んだことではなく、どういうふうに使うかが重要
 4.どういう学位かではなく、自分の目的に向かった学習が重要

Q&A

Q:ChromeBookはなぜ広がっているのか
A:アメリカで採用されるのは圧倒的に安いことがあげられるが、カンファレンスのスポンサーなど、Googleは教育分野に積極的なことも影響があるだろう。
 
Q:中高にLMSを導入しているが、すごくプライバシーを問われる。先生が生徒にデートのメールを送ってしまうことが無いように、など。アドレスもなにも見えないようにしている。アメリカではそういうことはないのか。
A:プライバシーの問題は大きいが、その認識は持ちながらも、スタートしながら議論をしているような印象はある。そこが大問題になった印象はなかった。

デジタルハリウッド大学大学院 専任教授 佐藤 昌宏氏 「SXSWeduのレポート

Point
・SXSW eduのレポート。
・街全体からインキュベーションを行いやすい環境があり、カンファレンスと融合している
日本でももっとTechが当たり前に教育現場に入っている世界を作りたい
 

【SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)SXSW eduとは】

  • SXSWは、音楽、映画からはじまっており、2007年にインタラクティブ(IT)のカンファレンスがはじまった。
  • SWSX eduはその前座的なイベントで、2012年から始まっている。テキサス州、オースティン。街全体が会場になるような非常に大きなもの。
  • 参加者としても、イーロン・マスク、アル・ゴア、スノーデンがスカイプで出たり、ITO JOIが出たりと、かなり豪華な顔ぶれ。
  • ここは世界へ売り込む発信の場。カンファレンスという意味で、情報を仕入れる場所でもあるが、世界にアピールするきっかけの場として使える。
  • Todai to SXSWは、東大からSXSWに学生を送り込む産学連携の取組み。ロボットのチームが展示会での発表が注目され、現地の「いいとも」のような番組に取り上げられたりもした。
  • 先端のテクノロジーやその教育手法を含めて紹介しているのが、SXSW eduというもの。参加費は3-5万円程度(インララクティブは10万円以上するので参加しやすい)。参加者6000人、7割が大学院卒以上
  • SXSW eduにも、Edxやcourseraの創始者が講演をしていたり、ビル・ゲイツがEdtechに投資すると発表するなど、注目度は高い。


【SXSW eduのレポート】

  • 講演からキーワードを拾ってみると、イノベーション、ゲーム、デザイン、Edtech、STEM、MOOCなどが注目キーワード。
  • eラーニングという言葉はない。タブレットやLMSというワードも出てこない。日本では何かと「タブレットタブレット」という感じだが、だいぶ色が違うと感じる。
  • eduでもローンチピッチコンテストがある。
  • 昨年の優勝は、「Clever」という、複数のLMSに対して、横串をさしてAPIでデータ連携を取らせることのできるサービスY combinatorの出資を受けるなどしている。
  • 今年は、ロボットのアームの形でsin cos tanを教えたり、クアドロコンプター飛ばして数学的なことを体験しながら勉強したりというアイデアなどが発表されていた。
  • 2013年はITの色が強かったが、今年はTech要素がメッセージとしては薄まってきたと感じた
  • これはそこを強調する意味が薄れてきているということで、重要性が薄れているわけではない。当たり前の用にTechを使っている。
  • 教育にイノベーションを起こすきっかけの一つとしてTech要素を位置づけている印象。
 

【インキュベーション環境】

  • オースティンは、シリコンバレーと並んで、スタートアップのインキュベーションが行いやすい環境が整えられている土地。Silicon Hillsなどと呼ばれている。
  • スタートアップ、インキュベーションの雰囲気で街とカンファレンスが融合している
  • スタートアップ×先生・教員 のコミュニケーションが非常に盛んであり、日本でもやっていきたいと感じる。
  • 現地で注目されているサービスを見ていると「日本のSharewizの方が優れているじゃないか」と感じることもある。
  • 日本のEdtechを世界へ。Tech系のギークが盛り上がっている見向きもあるが、教育にテクノロジーが当たり前に入っている世界を作りたい。
以降のレポートは、中編に続きます。
※以前に開催したEdTechNightのレポート記事は以下リンク先から

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。