北海道情報大学、電子教科書を道内大学で初めて導入〜全学部 1、2年生900名を対象に10タイトルをiPad で提供〜

北海道情報大学・丸善株式会社・京セラ丸善システムインテグレーション株式会社の三者は、2014年4月、道内大学で初めて北海道情報大学が電子教科書配信サービスを導入することを発表しました。

北海道情報大学は、情報化社会のニーズに対応できる人材育成を目指し、ITを利活用した教育環境革新に取り組む中、学生が主体的に学べる環境のさらなる充実を目指し、電子教科書配信サービスを導入します。初年度は全学部の1、2年生900名へiPadを配布し、丸善出版株式会社をはじめ理系専門出版社6社・10タイトルの電子教科書活用を開始します。

hjd_img

今回導入するサービスは、丸善が複数の出版社から電子化許諾を取得した電子コンテンツを、KMSIが「BookLooper」の配信プラットフォームを活用して高セキュリティで配信します。学生は「BookLooper」から必要な教科書をダウンロードし、同学より配布されたiPadでメモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能を利用しながら学習します。

北海道情報大学の冨士学長は、今後配信コンテンツを充実させるとともに、電子教科書の利用状況を把握し、教育の質的向上や学生の学士力向上に役立つことを期待しています。

 

電子教科書配信サービスの特長

複数大学で電子学術書籍の配信に採用されている「BookLooper」を使用

「BookLooper」は学術・研究・教育分野における電子書籍の活用・普及を目指し、実証実験で培ってきたノウハウをもとに開発されました。メモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能をはじめ電子書籍の DRM や決済機能を備えています。

授業に合わせた利用が可能
「保持する教科書は紙で、日常の授業は電子で」など、用途に合わせた学習環境の提供ができます。講義資料の配信も可能です。

マルチデバイス対応
PC・iPad・iPhone・Android 端末から閲覧が可能。ダウンロード方式なので教室や図書館、自宅など、時・場所を問わずすぐに閲覧可能です

▼プレスリリース元

http://www.kmsi.co.jp/press/files/press_20140318.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。