教科書出版の啓林館、学習書紙面を活用した大規模な動画授業のネット配信をスタート

教科書出版の株式会社新興出版社啓林館は、学習参考書,問題集など自社出版物の紙面を動画授業として配信する Web 講習サービス「スマートレクチャー」を4月からスタートすることを発表しました。

啓林館の夏期講習 24月から,動画化して配信する学習書は,高校用の数学「フォーカスゴールド数学」、英語「ビジョンクエスト総合英語」、理科「センサーシリーズ」、中学校用の「ホントにわかるシリーズ」などで、約 4,000コンテンツ。

啓林館利用状況を見ながら今後さらに充実させていく予定となっています。センター試験対策,中学生用基礎学習用など,無料の授業も用意するようです。

動画は,学習書の紙面を手書き文字と音声を使って解説するスタイルで,スマートフォン,タブレット,パソコンなどの端末で視聴することが可能で、視聴には,無料のビューア「ThinkBoard プレイヤー」を使用します。 月額 500 円(税別)で,高校用数学・英語・理科,中学校用などすべてが視聴出来るようになっています。

啓林館の夏期講習

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。