株式会社すららネット、ベネッセホールディングスより出資を受け協業を開始

株式会社すららネットは、株式会社ベネッセホールディングスより出資を受け、今後、両社の保有する教育サービスのノウハウとサービス基盤などの強みを融合した新たな学習スタイルの推進を目指し、協業検討を進めることで合意したと発表しました。
すららネットでは、ベネッセホールディングスの持つ家庭、学校、塾の各教育サービスを、オンライン教材「すらら」による教育サービスと組み合わせ、発展させることで、さらに子どもたちの学力向上に寄与できると考えています。

今後、ベネッセホールディングスとの協業により、既存の「すらら」を導入している塾や学校に対して相乗効果のある取り組みを行ない、家庭、学校、塾の各分野での全く新しい学習スタイルやコンテンツ、サービスの開発と普及を共同で実施していくべく検討をすすめ、まずは今春、新たな学習スタイルのモデル事業を開始する予定です。

アダプティヴラーニングの機能で特許取得をしているオンライン学習教材「すらら」を運営するすららネットでは、今後の戦略的な課題として、「B toCチャネル(現状の学校・塾チャネル以外で、消費者が直接オンライン学習教材「すらら」をご利用いただく形態)の拡大」、「すららネットのLMS(Learning Management System)をプラットフォームとしたコンテンツの品揃えの拡充」、「海外版の学習コンテンツの開発、および、海外でのサービス展開といった海外進出」を挙げています。

すららネットはベネッセホールディングスとの協業を戦略的課題の解決の一つとし、さらなる成長とユーザー満足度の向上を実現を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。