Apple、iBooksテキストブックを日本などの51カ国へ拡大

2014年1月21日、Appleは、iBooksテキストブックとiTunes U Course Managerをアジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパといった新市場を始めとした世界中のさまざまな国と地域に向けて拡大することを発表しました。

iBooks

iBooksテキストブックは、マルチタッチに対応した、ダイナミックかつ最新のインタラクティブな教育コンテンツを、新たに日本、ブラジル、イタリアを含む51カ国で提供します。

iTunes U Course Managerはロシア、タイ、マレーシアを新たに含む70カ国において提供され、教育者は、iTunes U アプリケーションを通じて授業で使用する教材を作成して生徒に配布したり、一般の方に公開・共有することができます。

「iPadのために用意された素晴らしいコンテンツとツールを使って、教師の方々にこれまでになかった学習体験を作り出せる新しい方法を提供します。より多くの国と地域の先生方がインタラクティブな教科書、アプリケーション、リッチなデジタルコンテンツを使ってどんな新しい授業を作っていかれるのか、拝見するのをとても楽しみにしています」

と、Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キューはコメントしています。

 

Apple

iBooksテキストブックは、iPadユーザーにインタラクティブなアニメーション、回転する3Dの図形、フリック操作で閲覧できるフォトギャラリー、タップ操作で再生される映像などを備えた、美しいフルスクリーンの教科書を提供します。

iBooksテキストブックなら生徒のカバンが教科書で重くなることもなく、授業内容に合わせてアップデートすることが可能で、返却する必要もありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。