テキストをスマホ・タブレットで撮影すると解説動画が閲覧可能!好学出版、NTTラーニングシステムズ、大日本印刷の3社で共同開発を開始

好学出版エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社大日本印刷株式会社(DNP)の3社は共同で、テキストの紙面をスマートフォンまたはタブレット端末で撮影すると、動画による解説を閲覧できる学習塾向け教材の実証実験を開始しました。

今回の実験を通じて、テキストブックの新たな付加価値として動画コンテンツの有効性について調査するとともに、サービスの改良に努め、今後の本格的なサービス化を目指します。

 

紙面だけでは理解しづらい数学の作図問題を動画で解説

image1対象となる教材をスマートフォンまたはタブレット端末でアプリを起動して撮影すると、作図の実演などの動画が表示され、問題を分かりやすく解説することができます。

※入試基礎・完成シリーズ「関数・図形の基礎」「数学 大問1の完成」:各640円(税抜き) 1074997_637421906295207_556811992_n

今回のサービスによって、生徒側及び学習塾側には下記のメリットがあるとしています。

生徒側のメリット

紙面だけでは理解しにくい問題が、動画の解説により理解しやすくなる。 ・わからない部分を撮影するだけで簡単に解説動画が閲覧でき、参考書やインターネットで検索する時間を省略した効率的な学習が可能。 ・通信環境さえ整備されていれば、自宅や外出先等での学習時でも解説動画を閲覧できる。 ・市販のスマートフォンまたはタブレット端末で利用できる。

学習塾側のメリット

動画の活用により、より丁寧で、効率的・効果的な授業が行える。 ・コンテンツ制作やコンテンツ配信システムを新たに構築する必要がなく、導入が容易。  

教育業界ではICT(情報通信技術)を活用して学習効果の向上や業務の効率化を図る取り組みが進んでいます。例えば学習塾では、授業の様子を動画コンテンツにして、予習・復習のために自宅や自習室のパソコンから閲覧できるサービスが提供されています。しかし、企業が単独で動画コンテンツの制作や配信システムの構築などを行う場合、業務負荷やコストの負担が大きくなります。

この課題に対して、3社がそれぞれの強みを活かして、テキストブックの紙面をスマートフォンやタブレット端末で撮影すると解説用動画コンテンツが閲覧できる教材の実証実験を開始しました。

 3社の役割

・好学出版:問題・解答など教材内容の作成。

・NTTラーニングシステムズ:スマートフォンなどで印刷物を撮影すると関連するデジタルコンテンツを表示させるサービス「シラベテ」を提供。

・DNP:データ分析、印刷物の制作、実証実験のコーディネート。 

学習塾向けの汎用教材と連携して動画コンテンツを提供するサービスは国内で初めてで、動画コンテンツの配信は平成27年3月までを予定。本教材に対する学習塾からのフィードバックをもとに、3社は今後の本格展開に向けた検討を進める予定です。

好学出版は複数教科の教材へのラインアップ拡充、NTTラーニングシステムズは学習塾の要望に合わせたシラベテの最適化、DNPは実験でのコンテンツへのアクセス状況を分析し、その結果から学習効果向上につながるコンテンツの制作や提供する仕組みの検討および開発を行います。

3社は平成27年度までに、本サービスの本格運用開始を目指し、本サービスの導入により入試基礎・完成シリーズ「関数・図形の基礎」「数学 大問1の完成」の販売部数の300%アップを目指すとともに、他教科へのサービス拡大や通年教材でのサービス開始を目指します。

紙面からデジタルコンテンツへの意向が加速する中、今回の取り組みように紙面とデジタルそれぞれの良さを掛け合わせた教材の開発は今後増えていきそうです。

image1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。