スマートエデュケーション、全国約250か所の「ドラキッズ」で、知育アプリ「おやこでスマほん」の導入決定

株式会社スマートエデュケーションがスマートフォン/タブレット端末向けに提供する、知育アプリ「おやこでスマほん」が、株式会社小学館集英社プロダクション(以下ShoPro)が展開する幼児教室の「ドラキッズ」全教室(約250か所)にiPad教材として導入される事になりました。

ShoProでは、同社が日本全国約250か所で展開している幼児教室「ドラキッズ」での、iPadを活用したカリキュラム導入を決定。

今月から順次iPadの 配置を進め、3月末までに全教室への配置を完了させる予定で、そのiPadには幼児向け教材として、知育アプリ「おやこでスマほん」と付随する「かさじぞう」などの作品が、導入されることになりました。iPadに有償で導入される教材は、スマートエデュケーションの知育アプリのみとなり、アプリのインタラクティブ性や作品クオリティの高さをShoPro側が評価したことによるものとのこと。

今後、スマートエデュケーションとShoProでは、各教室でのイベント開催やマーケティング調査等を、共同で展開することも検討しています。

toC向けの販売だけでなく、toBで一斉に導入を決めるのはプロモーション的にもビジネス的にも大きいですね。今後の展開にも要注目です。

 

知育アプリ「おやこでスマほん」とは

おやこでスマほん

世界や日本の名作童話をはじめ、著名絵本作家らの書下ろし・インタラクティブ型作品や、写真満載の図鑑など、100作品以上が楽しめる絵本アプリ。iOSとAndroidに対応し、累計ダウンロード 数は約190万。ドラキッズに導入されるものでは、9作品が利用可能。

▼下記アプリのイメージ動画

 

株式会社スマートエデュケーションの求人・採用・転職情報はこちら

おやこでスマほん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。