学習塾「栄光ゼミナール」が「iPad mini」を活用した学習サービスを2014年4月に開始

株式会社栄光が運営する学習塾「栄光ゼミナール」は、タブレット端末「iPad mini」※を使った学習サービスを首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の対象教室約300校に導入することを発表しました。学習サービスは、2014年4月より本サービスを導入する教室の対象学年・対象コースにおいて開始し、順次対象を拡大していく予定です。

 

2014年4月300校でiPad miniを使った学習サービスがスタート!

栄光ゼミナール___iPad_mini学習

栄光ゼミナールでは、授業内容の定着を図るため確認テストによる反復学習システム(CATS)を導入し、それぞれの生徒の弱点を補う家庭学習のサポートを行ってきました。また、平成 24 年には同システムに生徒専用のマイページ(CATS マイページ)を導入し、生徒自身による成績管理、学習スケジュールや宿題の確認などがご家庭のパソコンでも可能にしていました。

今回、生徒1人ひとりがタブレット端末「iPad mini」※を利用することにより、Wi-Fi 環境のある場所であれば、どこでも学習ができるようになります。マイページをはじめ、授業映像やテスト・入試問題の解説動画の配信、アプリ学習、教室からのお知らせのダイレクト配信などを行うことで、家庭学習におけるアドバイスやサポートを一層強化し、従来の対面型授業と組み合わせることによって、さらなる学習効果の向上を図りま
す。また、現在、公教育等でもタブレット端末の導入が進められており、早期からのタブレット端末の活用は、生徒各人の ICT リテラシーの向上にもつながります。

 

栄光ゼミナールが提供するタブレット学習サービスの概要

eikoh-hd

・導入時期 : 平成26年4月
・使用機種 : タブレット端末「iPad mini」※
・対象: 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の対象教室約300校の小学4年生、中学1年生、高校1年生 各学年の対象コース(順次対象拡大)
・内容

●タブレット端末「iPad mini」※を1人1台レンタルすることにより、生徒個人専用としていつでも利用可能。

●Wi-Fi環境下であれば、学習アプリ、マイページ等がどこでも利用可能。

●教師による「対面型授業」と、書き込みができる「プリント教材」、動画・画像などのイメージが 残りやすい「タブレット教材」、それぞれの良さを有機的に組み合わせた学習指導を提供。

※栄光ゼミナール対象教室すべての自習室(自立学習室 i-cot)にWi-Fiアクセスポイントを設置予定

▼iPadmini 学習のホームページは下記から

http://www.eikoh-seminar.com/ipadmini/

栄光ゼミナール___iPad_mini学習 2

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。