英会話教室のイーオン、子供向け英語教育で注目の株式会社 mpi 松香フォニックスの株式を 100%取得し、子会社化

英会話教室などを運営するイーオングループの持株会社 株式会社イーオンホールディングス は、この度、子供向け英語教育において独自の mpi メソッドを用いた学習法などで注目される株式会社 mpi 松香フォニックスの株式を 100%取得し、イーオンホールディングスの子会社とすることで合意したと発表しました。

 

買収により更なる子ども向け教育の向上を目指す

imgres-1

今回の合意によりイーオンホールディングスは、mpi が持つクオリティの高い子供向け英語教育メソッド・教材と、イーオングループ各社のもつ教育ノウハウの相乗効果により、今まで以上にレベルの高い英語教育を提供できるようになると考えています。また、全国に約 400 教室ある mpi のパートナー英語教室で学ぶ中学生(15 歳)までの受講生に対しても、イーオンの高校生コースなどをシームレスにご提供できる環境が構築され、双方でシナジー効果の高い事業運営が可能になると考えています。
これにより、mpi はもちろんのこと、イーオンの受講生にとっても、よりクオリティの高い、そして一貫した英語教育の場を提供する体制が構築され、日本の英語教育の更なる向上に貢献できるものとしています。

 

株式会社 mpi 松香フォニックスとは

幼児・子供の英語教材、英語教室|mpi

mpi は、1979 年に設立され、英語の発音とつづりの規則性を学習する「フォニックス」学習法の第一人者、松香洋子氏を擁して、英語教材の出版、小学校英語の指導、英会話教室の運営などを行う国内の子供向け英語教育のリーディングカンパニーです。創設以来、英語教室の実践の現場から生まれたコミュニケーションのための英語を教える指導法=mpi メソッドの普及と英語教材の出版、指導者養成セミナーを実施しています。また私立、公立の学校で英語を教える教職員向けの研修も行っています。

 

ニュースリリースが出された昨日、Googleから2013年の検索トレンドが発表され子ども向け英会話の検索が伸びていると発表されていました。英語教育の必要性が高まるなか、こういった子ども向け教育のノウハウを取得するイーオンの取り組みが今後どんな影響を及ぼすのか要注目です。

imgres-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。