【イベント】ベネッセが主催の『EdTech新しい学びのシンポジウム』第二回開催決定!

ベネッセコーポレーションは、昨年12月16日に第1回『新しい学びのシンポジウム』を目黒雅叙園にて開催しました。

※第1回のレポート記事は以下より。

【レポート】ベネッセが開催!『EdTech 新しい学びのシンポジウム 第1回』vol.1

【レポート】ベネッセが開催!『新しい学びのシンポジウム第1回』vol.2

その『EdTech新しい学びのシンポジウム』が、1月29日に、第2回を開催することを発表しました。今回も第1回同様、豪華なスピーカー陣が集まっています。また今回のイベントは、英語での開催となっています。

EdTech Symposium on Innovative Learning vol.2

以下主催のベネッセコーポレーションによる告知文。

ベネッセコーポレーションは、東京大学との寄付講座「BEAT」(2004~2013)の活動をはじめ、これからの時代の子どもの学びについて研究を続けてきました。今、EdTechで学びの環境、新しい体験や成長の機会が急速に広がっています。このシンポジウムでは、専門家や異業種、スタートアップの方々と意見を交わしながら、 “未来からの留学生”である子どもの学びや成長について考えます。今回は英語開催です。

 

プレセッションEdTech可能性

知識の地図による、考えることへの興味の高まり (仮)

SF JAPAN NIGHT V優勝者 ShareWis 代表取締役 辻川友紀氏

・テクノロジーを用いた言語習得(仮)

SF JAPAN NIGHT VI優勝者 Cooori  代表取締役 アーナー・ジェンソン氏

・プレセッション登壇者によるパネルディスカッション(仮)

モデレーター:未定

1部:つくる学びについて

・アングリーバード開発の背景と、教育におけるゲームの役割
ロビオエンターテインメント㈱日本代表 アンティ・ソンニネン氏

・enchant.jsプログラミング活動における学び(仮)

㈱ユビキタスエンターテイメント 代表取締役 清水亮氏

・開発者とユーザーをつないでゲーム学習の成果を高めるオンラインプラットフォーム

東京大学大学総合教育研究センター 助教 藤本徹氏

・2年間のGlobal Mathクリエーター参加を通じての学生の学び

東京工科大学 特任准教授 岸本好弘氏

 

2部:つくる学びの効用と広がる興味

・第1部登壇者によるパネルディスカッション
 モデレーター:未定

 

Benesse 『EdTech新しい学びのシンポジウム』第2回 概要

・日時:1月29日(水) 16:30受付開始-17:00~19:00

・場所:東京大学 福武ホール(福武ラーニングシアター)

・メインテーマ:「つくる学び」 識者プレゼンとパネルディスカッション

 

アングリーバードを運営するロビオエンターテイメントの日本法人代表であるアンティ・ソンニネン氏や、ユビキタスエンターテイメント代表の清水氏なども登壇し、『つくる学び』をテーマにスピーチを行います。非常に魅力的なイベントですので、興味の有る方は是非参加されてはいかがでしょうか。

▼申し込みは下記イベントページより

EdTech Symposium on Innovative Learning vol.2 【EdTech新しい学びのシンポジウム第二回】

ベネッセ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。