大分県教育委員会が、大分豊府中学校のICT機器を活用した授業を動画で公開中

大分県教育委員会はホームページ上で、大分豊府中学校のICT機器を活用した授業を動画で紹介しています。大分豊府中学校には10月にタブレット端末40台が配備されたばかりで、それをどのように授業に活かしていくかの提案授業の様子です。ICT機器はどんな形で授業に活かされているのか?その様子を動画で見ることができます。

 

教育庁チャンネル:使ってみよう!タブレット 大分県立大分豊府中学校ICT活用授業

漢字の書き取りや数学の問題を時間内に解いていく場面で利用されていたり、理科の授業での電子黒板を用いた授業の様子などが分かります。文部科学省は2020年までに児童生徒1人1台の情報端末を利用した授業を目指しているので、今後はこういった導入されている現場での情報共有も進んでいきそうです。

▼【参考】大分県の教育庁チャンネルはこちら

http://www.youtube.com/user/oitaedu

 

photo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。