子どもたちは電子羊の夢を見るか?(2)デジタルとオンラインで変わる明日の教育

以前に、出版されていた子どもたちは電子羊の夢を見るか?(1) 0歳からはじまるデジタル教育: 1 (カドカワ・ミニッツブック)の続編が出ていましたので紹介します。

子どもたちは電子羊の夢を見るか?(2)デジタルとオンラインで変わる明日の教育

子どもたちは電子羊の夢を見るか?(2) デジタルとオンラインで変わる明日の教育 (カドカワ・ミニッツブック)

本書は、子ども向け創造・表現活動を推進するNPO法人CANVAS理事長の石戸奈々子氏の著書。NPO法人CANVASは、グーグルと協力してプログラミング学習を本格的に全国に広げるプロジェクトを2013年にスタートさせています。そういったプログラミング教育でのエピソードや、韓国のデジタルとオンライン教育などの事例を元に「デジタルとオンラインで変わる教育」について述べられています。

□目次

・デジタルを使った感動的な授業

・ビル・ゲイツの予言

・それはカーンアカデミーから始まった

・プログラミングは手段

・テクノロジーを活用した教育改革

・動きの遅かった日本

・韓国のスマート教育

・韓国の授業はSNSありき

・効率化で生まれる時間

・塾/通信教育では既にはじまっている

・京大カンニング事件の意味するもの

・今ここにある課題

・知識の爆発

・アクションスタート!

・DiTTのアクションプラン

40分程度で読めるように簡潔にまとまられている本ですので、興味の有る方は読んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。