【インタビュー】東工大発スタートアップ!forEst代表 後藤氏に聞く、おせっかいな問題集ATLS(アトラス)とは

株式会社forEstは、東工大の学生を中心に設立されたスタートアップです。第10回日本e-learnig大賞「デジタル参考書部門賞」を受賞しており、またドコモの企業支援プログラムにも採択されており、注目度の高い企業です。今回のインタビューは、株式会社forEst代表取締役 後藤 匠氏(東京工業大学修士2年)にお話を伺いました。

ATLS

※株式会社forEst 代表取締役 後藤 匠 氏(東京工業大学 技術経営専攻 修士2年(休学中))

 

おせっかいな問題集、ATLS(アトラス)とは

ATLS

Q:提供するサービスATLS(アトラス)について教えてください

A:ATLS(アトラス)は、タブレット端末を利用した、高校生向けの学習サービスです。予備校などの自習室で学習参考書の代わりに使うものとイメージしています。学習参考書の形式が紙である歴史はものすごく長いが、持ち運びや検索性にかなり制限を設けています。既存の紙の参考書をそのままデジタル化しようという発想ではなく、学習に特化した形でデジタル化することにより、 学習参考書の未来の姿を提供したいと考えています。

 

Q:なぜATLS(アトラス)のようなサービスになったのでしょうか?

A:学ぶという機能で考えたときに、自分自身が高校生・受験生のときにあったらいいなと考えていたものがベースになっています。

 

Q:ATLS(アトラス)というサービス名は?

A:Adaptive Training & Learning Systemの略になっています。ひとりひとりにあった問題演習や学習が勝手に出来るサービスと言うコンセプトです。

 

Q:元々起業しようと考えていたのでしょうか?

A:いえ全然考えていなかったです。社長になりたいとも思っていませんでした。ただ自分があったらいいと思うサービスが世の中になく、であれば自分で出そうと思って手段として起業をしているだけです。ですので元々、起業しようと思ったわけではないですね。

 

サービスコンセプトは、「学習の仕方は変えずに、学習の効果を変える」

ATLS

Q:ATLS(アトラス)で可能になることは具体的にどのようなことでしょうか?

A:学習の仕方を変えずに、学習の効果を変えようと考えています。学習に特化した問題集になっていて、具体的には、問題毎に特設ページがあり、時間を計りながら問題を解き、解説まで見ることができます。勉強は基本的に紙とペンで行うというのは変わりません。

そして、問題毎にタグがついていて、タグ毎に経験値や正答率が蓄積していくようになっています。このタグによって、所有している問題集全ての中から、タグにもとづいて類題を引っ張ってくることが可能です。すぐに類似問題で反復練習が出来るようになっています。

重要なポイントとは、この学習プロセスは、従来のものと変わっていないということです。参考書を出して問題を解くという基本的なプロセスは変わっていないので、ユーザーにも受け入れられやすいと考えています。ただし学習履歴は蓄積されていて、苦手そうな問題であるとか、問題毎に記憶残量のようなものがあるので復習するタイミングを適切に把握することが出来、学習効率を改善する支援が出来るようになっています。

 

ビジネスモデルは、『学習参考書の販売プラットフォーム』

ATLS

Q:どのようなビジネスモデルを考えていますか?

A:出版社の販売する参考書をデジタル化し、販売するプラットフォームを考えています。出版社様から書籍データを頂き、データを加工、プラットフォームを提供し参考書を学生に販売します。簡単に言ってしまうと本屋さんと同じモデルです。

出版社様には、学生の学習履歴データを提供し、コンテンツの改善に役立つデータの提供が可能になります。

仮に、市販の参考書を単に電子書籍化したところで、なかなか売れないだろうと考えています。ATLSでは、学習サポートの機能や学習プロセスのサポートなどを行い、学習参考書を進化させたものを提供することで学生にも受け入れられると思います。。

 

Q:今後の展望について教えて下さい

A:会社の社是は、『誰もが昨日よりも学びやすい世界を、創造し続ける』です。

EdTech関連のサービスはいいものがどんどん出来ていると思いますが、それぞれが点で存在しているように感じます。他のサービスと連携して、より良い学習環境を提供していくといったことも出来ればと考えています。

また自分たちのサービスを通して、「何のために勉強しているのか?」のきっかけを与えられるようなものを提供し、勉強を意味あるものにしたいと考えています。

※現在 株式会社forEstでは、デザイナーを募集しています

【ドコモからの支援有】デジタル参考書で教育を変えるチーフデザイナー大募集

 

※プロモーション動画:高校生向け参考書を電子書籍化!『ATLS』

タイムシフト株式会社の求人・採用・転職情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。