受験生必見!赤本のスマホアプリ、センター試験のリスニング過去問すべて収録して発売中

赤本こと、「大学入試シリーズ」を発行する図書出版教学社は、これまでに実施されたセンター試験リスニングの問題がすべて搭載されたスマートフォンアプリ「センター赤本-英語リスニング過去問」を公開しました。同アプリは、センター試験のリスニング過去問をアプリ化したもので、リスニングテストが導入された2006年度から最新の2013年度までの全17回425問すべて(本試験・追試験+試行テスト)を購入することができるようです。

 

4段階のスピードでリスニング可能
センター赤本

アプリでは部分の再生スピード調整機能を搭載しており、0.8倍速から1.5倍速まで、4段階のスピード調整が可能のようです。慣れないうちは、「×0.8」のスピードで確実に聞き取る練習をし、徐々にスピードをあげて慣らしていき、「×1.5」が聞き取れるようになったら、実際の試験のスピードがとてもゆっくりに感じるはずだとのことです。また、毎日の勉強時間や本番モードの成績を記録でき、大問ごとに正答率が出るので、苦手な出題形式を把握することもできるようです。

 

センター試験を控えた受験生に朗報!12月27日までは半額キャンペーンを実施中

価格は、基本アプリおよび2013年度本試験が無料で、そのほかの年度の本試験・追試験は各200円となってますが、12月27日13時までは「受験生応援セール」として、各問題を100円、有料コンテンツ全16問を1,000円、通常価格の半額で提供しているようです。

 

【アプリストアは下記リンクから】

 App Store

Playストア

これまでは音声の教材を購入する際は、CD付参考書を購入するのが主流でしたが、スマートフォンを用いたアプリ経由での学習が今後の主流になっていく日も遠くないかもしれませんね。

アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。